【トップギアの初心者自動車メーカーガイド】アストンマーティン

トップギアの初心者向け自動車メーカーガイド。初心者じゃない人も、おさらいとしてどうぞ。今回は007ボンドカーとしても有名なアストンマーティンだ。

アストンマーティンとは?創業したのはいつ?

アストンマーティンは、イギリスの高級スポーツカーメーカー。MI6のQ部門に豪華なクルマを提供するためだけに存在しているように見えてるかもしれないが、それが決して無事に戻ってくることはない。しかし、親愛なるジェームズとは異なり、アストンは本当に魅力的な自動車を作る本物のメーカーであり、安っぽい一発芸のヒットアンドアウェイの映画ではない。デュランデュランが主題歌を歌った『007/美しき獲物たち』のようにね。

アストンマーティンの歴史は古く、1913年にライオネル マーティン氏とロバート バンフォード氏が、イギリス製のレーシングエンジン(コヴェントリー シンプレックス)を、何を隠そうエットーレ ブガッティが設計したイソッタ フラスキーニのレーシングカーに搭載したのが始まりである。幸先の良いスタートだと思われるかもしれない。ウィキペディアによると、1914年には別の計画があったようで、結局、アストンマーティンの生産車が工場から出荷されるのは1919年になってからだった。

では、アストンという名前はこの方程式のどこに当てはまるのだろうか?簡単だよ。ライオネル マーティンは、バッキンガムシャー州のアストン ヒルで自動車レースを行っていたのだ。これでわかっただろう?

アーカイブ

subscribe RSS