ベントレー✕ブライトリングの25本限定モデルが発売

ベントレーと時計メーカーのブライトリング社は、20年近いパートナーシップを記念して、25本限定の特別モデルである「プレミエ B21 クロノグラフ トゥールビヨン 42 ベントレー リミテッド エディション」を発売する。

「プレミエ B21 クロノグラフ トゥールビヨン 42 ベントレー リミテッド エディション」は、オリジナルの1940年代のブライトリング プレミエの腕時計を再解釈したもので、ユニークでクラシックなデザインとなっている。25本の限定生産で、42㎜径の18Kレッドゴールドのケースに、長方形のクロノグラフプッシャー、ゴールドブラウンのアリゲーターレザー製のストラップを備え、シースルーのサファイアケースバックからは22Kのローターを備えた見事なムーヴメントを見ることができる。最も目を惹くのは、特別なクロノグラフ トゥールビヨン キャリバーと、独特なグリーンのダイヤルから垣間見えるケージだ。盤面のカラーは、ブライトリング社とベントレーの他のパートナーシップモデルにも使われているブリティッシュレーシンググリーンを彷彿とさせる特徴的なグリーンである。

ブライトリングB21で駆動するこのCOSC公認クロノメーター トゥールビヨンのムーブメントは、パワーリザーブ約55時間、100メートルの防水性を備えている。

ブライトリング社の創始者であるレオン・ブライトリング氏の孫にあたるウィリー・ブライトリング氏は、非常に熱心なベントレーのドライバーであった。彼は1934年に、2時と4時の方向に2つのプッシャーを配したクロノグラフについて特許を申請した。ウィリー・ブライトリング氏は、技術に精通し大胆な人物であるとともに、時計を愛する人たちが優美さを求めていることも理解していた。そのため、1940年代にオリジナルのプレミエをデザインし、ブライトリング社において初めて実用性とスタイルを融合させた。ウィリー氏は、「時計を身に着けることは、その人の完璧な趣味を表す紛うことなき刻印である」と語っている。

このことは今日のブライトリング社の時計にも引き継がれており、ベントレーの顧客のクルマに対する思いにも共通している。今回発売する時計は、華麗な両ブランドの歴史と現代における価値観を称えるものだ。

ベントレーの会長兼CEOのエイドリアン・ホールマークは次のようにコメントしている。
「この特別な時計は、私たちのパイオニア精神や熟練したクラフトマンシップ、卓越した技術を体現しています」

また、ブライトリング社のCEOのジョージ・カーン氏は次のようにコメントした。
「品質、性能、卓越したデザインという、両ブランドが共有する価値観を体現するこのエレガントなモデルを発表できることを誇りに思います」

2002年にベントレーがブライトリング社にコンチネンタルGTのオンボードクロックを依頼してから、両社のパートナーシップは続いている。今回の特別なクロノグラフは、計器の在り方を変えたウィリー・ブライトリング氏と、自動車業界の先駆者であるW.O.ベントレーへのオマージュとして、比類のないラグジュアリーさと品質へのこだわりを追求しているものだ。

https://www.breitling.com/jp-ja/watches/premier/premier-b21-chronograph-tourbillon-42/RB21201A1L1/

https://www.bentleymotors.jp

アーカイブ

subscribe RSS