サビーネ シュミッツがトップギアやレースで残した9つの名シーン

サビーネ シュミッツはトップギアにとっても、画期的な存在だった。追悼として、彼女が傑出していた9つの時代を紹介しよう。

01ニュルブルクリンクなんかカンタンよ:パート1

2004年、ジェレミー クラークソンは当時の新型ジャガー Sタイプのディーゼル車の実力を、フツーの方法でテストしたいと考えていた。彼のコーチは誰?サビーネ シュミッツだ。彼女のサポートにより、ジェレミーは9分59秒のラップを記録した。感動的だろう?

そして、サビーネは自分でもジャガーを走らせてみることにした。すると、ジェレミーよりだいぶ速い、9分12秒のタイムを出し、あの不朽の名セリフを口にしたのだ…。

アーカイブ

subscribe RSS