トップギアTVのクリス ハリスが51歳で逝去したサビーネ シュミッツとの思い出を語る

昨晩、モータースポーツ界は、真の伝説の一人を失った。パワフルで誰も止めることができない性格のサビーネ シュミッツがわずか51歳で生涯を閉じた。

サビーネ シュミッツは、ニュルブルクリンクの過酷な24時間レースで初の、そして現在でも唯一の女性優勝者となったことで、すでにニュルブルクリンクの中心的存在となっていたが、「私なら、バンでだって、このラップタイムを出してみせるわ」という不朽の名言を残し、世界的な名声を得たんだ。

彼女は、フォード トランジットに乗り込んで、ロードカーのジェレミー クラークソンのタイム更新に挑戦し、あと一歩のところまで追い詰めた。それ以来、彼女はトップギアの一員として活躍してきたけれど、彼女がいなくなってしまうと思うと、とてもとても悲しい気持ちになる。

サビーネはニュルブルクリンクで生まれ育った。彼女の母親は地元でホテルを経営しており、彼女はすぐに地球上で最も困難なレースサーキットのスペシャリストとしての地位を確立した。VLN選手権や24時間レースで活躍した後、彼女は B「ニュルブルクリンクタクシー」のBMW M5ドライバーとして観光客を魅了した。だから、彼女のドライビングスキルを間近で見ることができた人は何千人もいるだろう。また、彼女は、ちょっと運転がうまいと思っていた中年男性が、彼女の運転を見てショックを受けることが好きだったんだと思う。

彼女はエネルギーの塊のような人で、いつも大きな笑顔を浮かべていて、一緒に仕事をするのがとても楽しかった。彼女はずっと癌と闘っていたけれど、私たちは、サビーネ(止められないサビーネ)だから、癌に勝つのだと思っていたのである。

トップギアファミリーは、彼女のファンの皆さんと同様に、彼女がいなくなってしまうことをとても残念に思っている。クラウス、彼女の家族、親しい友人、そして彼女が誇りに思っていたフリカデリ・レーシング・チームに、私たちの愛と思いを送る。

=海外の反応=
「悲劇的な損失だ。彼女が癌だと最初に聞いたとき、これまで他の多くのことを成し遂げたように、癌を克服してくれると期待していた。彼女がジェレミーを打ち負かすのを見たのは、トップギアの最高の瞬間のひとつだったが、その後戻ってきて、バンでの彼のベストタイムに迫ることができたのは見事だった。
サビーネは稀有な才能の持ち主で、スクリーン上の彼女の人格は誰が見ても人格ではなく、純粋にそれだけ楽しかったのだ。彼女のファンがいなくなるのは寂しいことである。ご家族やご友人にお悔やみを申し上げます」
「時々、抑えきれないほどの喜びを目の当たりにすることがあるけれど、彼女にはそれがあった。今朝はかなりの数の涙を流した。恐ろしいニュースで、彼女の家族や友人に同情している。彼女は世界中で愛されていました。安らかに眠れ、サビーヌ」
↑「有名人が亡くなって動揺することはめったにないのだが、サビーネはそのような稀有なセレブの一人だった。抑制が効かず、面白く、正直で、真面目で、才能があり、まさに彼女自身であることで有名だったので、私はこのニュースで何度も涙を流しましたし、これを書いている今もずっと涙を流しています。私は今までに1台のクルマにしか名前をつけたことがありません。現在乗っているクルマは、この親愛なる女性に敬意を表してSabineと名付けているんだ」
↑「僕もだよ。涙が止まらないんだ」
「トップギアに出演して、クラークソンに「あなたは100%才能がないわけではなく、…80%ある」と言わせるには、かなりの才能が必要だ。

しかし、サビーネは他の男性よりも大きな才能を持っていた。彼女にとってジェレミーもキャプテンスロー、ジェームズもキャプテンスロー。すべては相対的なものなのだ。

彼女はダイナミックで才能に溢れ、多くの人々に生き方を示した素晴らしい女性だった。

安らかに眠れ、サビーネ…」

アーカイブ

subscribe RSS