トップギアTVでも活躍したニュルブルクリンクの女王、サビーネ シュミッツが51歳で逝去

とても悲しいお知らせだ。サビーネ シュミッツが51歳の若さでこの世を去った。ニュルブルクリンクの女王は、3年以上にわたり癌と闘っていたのである。

サビーネは、2004年に初めて番組に出演して以来、2016年からトップギアファミリーとプレゼンターチームの一員として愛されてきたが、彼女とチームで一緒に仕事をすることができたすべての人がこのニュースにショックを受けている。サビーネはポジティブさを放ち、どんなに辛いことがあっても常に生意気な笑顔を振りまき、モータースポーツ界の女性ドライバーの力となっていた。

2004年に放送されたトップギアTVでは、ディーゼルのジャガー Sタイプでノルドシュライフェの10分の壁を破り、次のシリーズではフォード トランジットで同じことに挑戦し、イギリス人の心をわし掴み。その後、10年あまりの時を経て、彼女はホストとして復帰した。

今朝、クリス ハリスは、「安らかに眠ってください、素晴らしく、パワフルで、陽気な人よ」と語った。「彼女は私にフェラーリを速く走らせる方法を教えてくれたり、バンガーレースで私を追い詰めたりしてくれた」とパディ マクギネスは語り、次のように付け加えた。「見事なまでにイカれていて、素晴らしい人間だった。RIP、グレイトなサビーネ シュミッツ!」

2000年代初頭に彼女をイギリスのガソリンマニアに紹介したジェレミー クラークソンはこのように述べている。「サビーネ シュミッツの残酷なニュースが届いた。あんなに太陽のような人で、元気いっぱいだったのに」

近年はテレビでも活躍していたが、彼女が最初にその名を轟かせたのは、世界で最も悪名高いレースサーキットである「グリーン ヘル」での能力だ。ニュルブルクリンクをこよなく愛し、何万周も走り、数え切れないほどのレースに出場してきた彼女は、生来の才能を持っていた。彼女はニュルブルクリンク24時間レースで2度優勝し、1996年の優勝は女性ドライバーとして初の快挙を成し遂げた。

それにふさわしく、サーキット側でもいち早く敬意を表した。「ニュルブルクリンクは、最も有名な女性レーシングドライバーを失いました。サビーネ シュミッツは長い闘病生活の後、早すぎる死を迎えました。私たちは彼女と彼女の陽気な性格を懐かしく思います。安らかに眠ってください、サビーネ!」

彼女を知るすべての人と同様に、私たちも彼女がいなくなって本当に寂しい - サビーネは本当に特別な存在だった。トップギアはいつも彼女のそばにいて、ダンスフォールドに何度も迎え入れたパートナーのクラウスと、ドイツにいる彼女の家族のことを思っている。

=海外の反応=
「彼女のご家族に心よりお悔やみ申し上げます。リングの女王としての遺産を引き継ぐ女性が出てくるのかどうか…」
「私はこのロックダウンの前に憎きコロナウイルスを乗り越えたばかりだが、今朝、彼女が闘病中だったと聞いてとても悲しい。これまで聞いたことがなかった、真のレジェンドだ。彼女に祝福を! :(」
「トップギアTVでのバンでの競争シーンが忘れられない。RIP、クレイジーな女性よ」

アーカイブ

subscribe RSS