車オタクで何が悪い?新型ポルシェ 911 GT3のサスペンション

キーンコーンカーンコーン♪車オタクのみんな、教室に入って。休み時間は終わりだよ。さて、次の授業は、エンジニアリングについての授業だ。特別講師の、プレウニンガー氏を紹介しよう。

今回のトピックは、何かわかる?ポルシェ 911 GT3に装着された新しいダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションは、アンドレアス プレウニンガーと彼のチームが世界に向けて発表したものだ。上の写真のようなオタクっぽい写真を見ても、意味がわかるようになろう、ってこと。

「ダブルウィッシュボーンを採用したことで、ブレーキング時のボディの動きを抑えて、クルマをより硬く安定させることができました。でも、一般道で使うにはある程度の課題が残ってしまいました。そのため、前回のGT3のフロントアクスルに比べて2倍の剛性を持っているとはいえ、ロードカーとしての使い勝手は悪くありません。でも、まだGT3 ツーリングとしての使い勝手、という領域においてなのです」

つまり、992世代のGT3は、より硬く、より速く反応する減衰力を持ちながら、従来よりも快適性を高めているのだ。これは、早く自分たちの手で操って、乗り心地を試してみたいものである。

しかし、これだけフロントに力が入っているのだから、リアアクスルが遅れないようにするために、リアアクスルにもラグが残らないように工夫が必要なのではないだろうか?そうです、とプレウニンガー氏は言う。きっとあなたには金星的な話だよね。

「私たちはリアアクスルについて、本当にすべてを考え直さなければなりませんでした。フロントとリアが同期して動くようにしなければならない全く新しいシステムです。リアアクスルのステアリングの作動カーブも変更しました。991 GT3からのキャリーオーバーパーツを使っても、実際うまくいかなかったでしょうね。このクルマのためのまったく新しいサスペンションシステムなんです」と語っている。

複雑なセットアップだが、将来的には他のGTラインのポルシェにも搭載されることが予想される。ハイ、今日の授業はここまで。

アーカイブ

subscribe RSS

マウスコンピューター期間限定セール