トヨタ GR ヤリス長期レポート1:キターーー!念願のGR ヤリス

スペシフィケーション:

トヨタ GR ヤリス

エンジン:
1618cc 3気筒 ターボ

燃費:
12.1km/L,186g/km CO2

パフォーマンス:
0-100km/h 5.5秒 , 230km/h

重量:
1280kg

価格:
29,995ポンド (430万円)/34,375ポンド(495万円) テスト車両/月額5.7万円
キターーー!そう、2020年の大惨事の中で生まれた最高のものが、これから半年間、私たちと一緒に暮らすことになる。だから、2021年はとんでもない年になると確信しているんだ。この小さなGR ヤリスが到着したのを見て、ついに自分自身の傍らにいてくれるんだと言える瞬間は、TGのすべての編集部員の希望を背負っていることはわかっている。そして、ある意味では、これまで何もできてこなかったのだ。なぜなら、このクルマは日常のヒーローであり、大きな心と気性の荒い小さなクルマだから、一緒に暮らさないとその真の良さがわからないのである。

ここで少し裏話をしよう。みなさんがコロナ以前の時代のことを覚えているかどうかはわからないが、2019年12月に私たちはGR ヤリスのプロトタイプに乗ることができた。そのあと、大まかに到着まで、エキサイティングではない数ヶ月を過ごした。オーリー キューが運転したクルマは、エンジンにかなりたくさんの慣性を感じ、ステアリングもギアチェンジもシャープでなく、十分にこなれていなかったのだ。「丁寧すぎる」というのが、当時のオーリーの結論だった。

明らかにその段階では、トヨタにはまだ市販車のデビューまで時間があったが、我々の経験上、この試作車はゼブラのカモフラージュラッピングを剥がす以外は普通に完成しているようだった。だが、今回は違う。だから、大きなグループテストのためにGRを取りに行ったとき、期待は…ほどほど。しかし、何か特別なものを運転しているかどうかは、ほんの数メートルの距離で本当にわかるものだが、これはそれ以上のものだった。ビシッと本当にタイトで一体感があり、次の24時間のコース上で、これこそがホットハッチのまごうことなき暴動であることを証明していた。ホットハッチというクラスで最も才能のあるプロのためのクルマ?いいえ、それはやはりホンダ シビック タイプ Rなのだが、最も純粋に楽しめるのは?それは、GR ヤリスだ。

すでにお馴染みの事実や統計など、つまらんことを並べるつもりはないが、いくつか指摘しておきたいことがある。3気筒のシングルターボはボールベアリングで回転し、エンジン自体は片側が油圧式になっていて振動や不要な動きを抑えている。これは工夫であり、トヨタがヤリスをWRC用にホモロゲーション(コロナのために規定が変更された)を通すようにしていたとしても必要ではないのだが、ここまで堅くしたことを完璧に見せてくれる一面だ。

このクルマの仕様を選ぶときには、何も決めていなかった。軽量の18インチBBS鍛造アロイ、リチューンされたサスペンション、ミシュランのパイロット 4Sタイヤと赤いブレーキキャリパー、そして何よりも重要なのは機械式のフロントとリアのトルセンデフだ。英国では、ベース29,995ポンド(430万円)の価格に、オプションで3,500ポンド(50万円)を追加したものだ。唯一の他の選択肢は、さらに2,180ポンド(32万円)払って、JBLのサウンドシステム、ブラインドスポットモニターとクロストラフィックアラート、ヘッドアップディスプレイと1つ2つのお上品なものを追加したコンビニエンスパックをつけるか。両方のパックをつけたいって?それだと、タフすぎない?他の市場では両方を選択することができるが、英国ではどちらかを選択する必要がある。または、一切なし。好きなように決めようよ。

その後、私たちは2つのオプションを除いたすべてのオプションにチェックを入れ、その後…1つ余分なものをつけて饗宴にしちゃって、自分自身を甘やかすことにした。そう、私たちは225ポンド(3.3万円)の合金ホイールプロテクターと25ポンド(3,600円)の安全キットには抵抗できたのだが、このクルマを白以外の色にペイントすることを選択した。黒にすれば585ポンド(8.4万円)をプラスすればよかったのだろうが、このスカーレットフレアという、パールでツヤのある色にしちゃうと880ポンド(13万円)多く支払わなければならない。

わかってるんだ、34,375ポンド(495万円)っていう総額は、ヤリスを手に入れるためには多すぎる出費だってことくらい。これだと実際に、ゴルフ GTIが買えるお金だし。しかも、ゴルフならスマートでアクティブに見えて、成長しつつあるホットハッチのためのベンチマークとして確固たる地位を築いている。でも、今すぐゴルフ GTIのことは忘れよう。だって、これは全く別モノだし、わかりやすくて真面目くさっているクルマじゃないんだから。その下にあるのは、明らかによりスペシャリストを唸らせるものなのだ。これから始まるレポートですべての面を調査するが、今のところトヨタはまだ今年の割り当てのすべてを完売していないことはわかっている。そして、あなたが5,000(72万円)を入れれば、月400ポンド(5.7万円)未満で、あなたのものになるのだ。

アーカイブ

subscribe RSS