UKのスバリスト、ガックシ…新型 SUBARU BRZはイギリスに来ないだろう

まずは悪いニュースからいくとするか。新型スバルBRZは、おそらくイギリスには来ないだろう。というのも、a) 旧型はニッチなところをついてたし、b) この新型のものは、もっとたくさん売りたいように見えるから。

見出しはこのようになっている:新型は似たようなサイズ(少し長くて低く、ホイールベースは少し長い)なので、優れた初代と同じプロポーションを持っているが、より強力なエンジン、より剛性の高いシャシー、より良いインテリアとなるそうだ

新しいエンジンは2.4リッター自然吸気の「ボクサー」4気筒で、228ps、250Nmのトルクを発揮し、旧型の2.0リッターよりも31ps、38Nm増加している。7,500rpmまで回転し、6速マニュアルギアボックスとLSDを介してのみ後輪を駆動する。いいなぁ。ホイールマウントパドル付きの6速オートマチックと、新しい「スポーツ」モードも用意されているって。新しいスタビリティコントロールシステムには5つの設定があると聞いてるよ。そのうちの一つが「OFF」である限り、満足だ。

BRZは、ほぼ完璧な重量配分と剛性の大幅な向上を約束する「特注シャシー」を採用。トヨタが待望するGT86への換装にも対応する。

見た目もスマートになった。特に内部では、通常のダイヤルの代わりに7インチのスクリーン、CarPlayを搭載した8インチのタッチスクリーン、そしてより現代的なレイアウトが採用されている。

イギリスではBRZよりもはるかに多くのGT86が売れていたので、トヨタの小さなクーペだけは、無残にも否定されないことを祈ろう。

アメリカ人のために、来年の秋には、間違いなく迷惑なほどの低価格で新しいBRZを購入することができるだろう。羨ましい!

このニュースを読んだトップギアファンからは、以下のようなコメントが寄せられている。
「この新型だと外装も手を加えるしかないだろう。旧型の方が見栄えが良かったな」

「いいなあ、イギリスにも来るといいのに」

「いいニュースだ。250馬力@8000rpm、軽量レカロ、BBSホイール、アクラポヴィッチエキゾーストなど、日産シルビアS15のスピリットを復活させてくれるような、STiチューンバージョンを作ってくれたら最高だよ。
それ以外は、平均的なスポーツクーペのように見えるけど、少なくとも旧型よりはプロポーションが良く、リアのダックテールが効いていると思う」

「マニュアルギアボックス!マニュアルハンドブレーキ!ダイヤル式エアコン!」

「こりゃ、嫌い。ダメっしょ」

「ついにロードスターが出るかも!?上海で旧型のGT86ロードスタープロトを見て、ゴージャスだったよ。ビジネスチャンスがないなんて信じられない」

「プロポーションのバランスが取れているように見える。イギリスでは、トヨタが手に入ることを願っているけど、もしそうなったら、欲しいリストに載るのは、間違いない」

外観




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール