ベントレー新型フライングスパーV8が生産開始、日本での納車は2021年第2四半期を予定

新型フライングスパーV8が、高級車製造工場では世界初となるカーボンニュートラル認証を取得したクルー工場で本格的な生産を開始した。日本でのメーカー希望小売価格は22,561,000円となる。注文は現在受付中であり、納車開始は欧州および英国で2020年末頃、日本では2021年第2四半期頃を予定している。

新型フライングスパーの製造は、これまで実績あるベントレーの新型コロナウイルス対策手順の元、100%の生産能力で行われている。

新型フライングスパーV8の組み立ては、職人のチームが1つ1つ手作業で行っており、84の個別ステージで100時間以上の時間が費やされます。2005年以来40,000台目のフライングスパーの生産を達成したことで、新型V8エンジンを搭載したフライングスパーは、その名声も受け継いでいる。新しいフライングスパーを作成するプロセスは、そのアプローチにも細心の注意が払われます。例えば、内装を構成する60の部品を構成するためには、141人の職人が3キロの糸を使って350枚のユニークな革を組み合わせているのだ。

この新型フライングスパーV8は、俊敏性の向上と個性的なエンジン音により、よりドライバーを中心とした設計になっている。満タンでの航続距離は現在709km(WLPT)となり、CO2排出量はW12と比較して15%削減されている。

心臓部は、4.0リッターツインターボV8エンジンで、550PSのピークパワーと、ツインスクロールターボを使用して2,000rpmで770Nmの最大トルクを発生し、4,500rpmまでフラットなトルクカーブを維持する。
新型グランドツアラーはこのほど認証手続きを完了し、高級リムジンとしては驚異的な性能数値を確認した。
0-100 km/h 4.1秒、0-160 km/h 8.8秒、最高速度 318 km/h、WLTP CO2 288 g/km、WLTP 燃費(複合)は7.9km/L、WLTP 航続距離:は709 kmとなる。

燃費を最大化するために、V8では軽負荷状態でトルクが235Nm以下、そしてエンジン回転数が3000rpm以下の場合、8気筒のうち4気筒を停止させる。この変化は乗員には感じることができず、その解除時間は約20ミリ秒(瞬きにかかる時間のわずか10分の1)だ。

フライングスパーV8は、W12バージョンよりも約100kg軽量化されており、より俊敏で反応の良い、個性的な走りになっている。新型モデルには、最新のパワートレインとシャシーの進化、アダプティブエアサスペンション、ブレーキによるトルクベクタリング、ドライブダイナミクスコントロール、電動ステアリングなどが標準装備されている。さらに、ベントレーの先駆的な48V電動アクティブアンチロールテクノロジー(ベントレーダイナミックライド)と電子制御オールホイールステアリングをオプションで追加することで、さらに俊敏性を高めることができる。

4人乗りと5人乗りがあり、業界初のベントレーローテーションディスプレイもオプションで選択できる。
製造担当取締役のピーター・ボッシュは次のようにコメントしている。
「新型フライングスパーV8は、私たちのラグジュアリー・グランドツアラー・シリーズに新しく加わったモデルで、クルーのカーボンニュートラル認定工場で製造されています。フライングスパーの一台一台には約100時間の熟練した手仕事が施されており、工場は再生可能エネルギーまたは持続可能な電源のみで稼働しています。フライングスパーV8は現在ベントレーの中で10番目の生産モデルとなりますが、幸運な新しいオーナー様に最初の車をお届けできるのをとても楽しみにしています」
https://www.bentleymotors.jp




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール