ベントレー フライングスパーの空力性能を補完するスタイリングスペック

ベントレーは、フライングスパーに新しいスタイリングスペックが導入された。フライングスパーのスポーツ性を強調したこのスタイリングスペシフィケーションキットは、ベントレーの販売店ネットワークを通じて後付けキットとして注文することができ、新車を注文する際にも注文することができる。後付けのスタイリングキットとして注文の場合は、1,381,020円(消費税別:別途工賃)となる。
もちろん、ベントレーのフライングスパーは、ボディカラーをはじめ、一から細かくカスタマイズもできる。だが、後付したい人や、はじめてベントレーを購入するという人、ある程度このスペシフィケーションキットで完成させ、そのあとで、自分なりのオプションを付け加えるという人には、ぴったりの内容だ。
フライングスパーは、ベントレーが初めて導入したアクティブ全輪駆動、全輪ステアリング、トルクベクタリング、48V電動アンチロールバーシステムなどの最新のシャシーテクノロジーを駆使して、俊敏性とダイナミズムのラグジュアリーなベンチマークを打ち立てた。スタイリングスペックには、大規模な開発プログラムを経て、高光沢カーボンファイバーを使用して正確な公差で手作業にて製作されたフロントバンパースプリッター、メタリックのベントレーバッジ付きサイドスカート、リアディフューザー、トランクリッドスポイラーが含まれている。
キャビンスペースを飾るウッドパネルと同様に、カーボンファイバー製のエクステリアコンポーネント
は、車のセンターライン全体でミラーマッチされており、正確な視覚的アピールを実現している。
カーボンファイバーの織り方は2x2ツイルパターンで、すべてのコンポーネントが同じ方向に織られているため、一貫性が保たれている。カーボンファイバーは何層にも重ねられており、それぞれが最適な強度と耐久性を確保しつつ、軽量化を実現している。
サイドスカートには、立体的に電鋳されたベントレーバッジを配した絶妙なディテールが施され、バッジの輪郭は、ラッカーオーバーコートに気泡が発生するリスクを最小限に抑えるために、スタイリング仕様のために特別に開発されたもので、人目を引く多面的な外観を実現している。
見た目だけではない。スタイリングスペックは、フライングスパーの空力性能を補完するために特別に設計されたものだ。
最初の設計は、数値流体力学(CFD)ソフトウェアを使用して、前後のリフト量や全体的な抗力などの空力性能を評価し、精練された。また、パワートレイン冷却、ブレーキ冷却、騒音、振動、ハーシュネス(NVH)への影響についてもシミュレーションを行った。
電気試験では、PDC(パークディスタンスコントロール)からレーダーシステム、車載通信や
エンターテイメント用のアンテナに至るまで、カーボンファイバー部品が車両システムに与える
影響を最小限に抑えることを目指している。
これらのバーチャルな評価が完了して初めて、最初の物理的なプロトタイプが製造され、風洞やテストコースで改良が加えられる。また、部品は、トップスピードを含むあらゆる走行条件で、加速時とブレーキング時の安定性、フィーリング、性能についても評価され、ベントレーのドライビングダイナミクスが維持されていることが確認される。
機能性が承認されると、部品はさまざまな検証テストを経て評価される。これらには、10万kmの車両全体の耐久性テストを含む耐久性プログラムから、ウェーディング、縁石への衝突、悪路での走行などの悪路走行テストまでが含まれる。ベントレーの品質ラボのリグテストでは、振動、熱サイクル、点荷重、衝撃などの過酷な試験を通して性能を評価が行われる。
すべてのテストと開発作業が完了すると、製造工程は何回もの開発サイクルを経て洗練され、ベントレーに求められる厳しい要件を満たす一貫した再現性のある製造公差が得られるのだ。
3Dスキャンと公称計測値との比較により、製造精度を評価する。
2019年に新型ベントレーフライングスパーが発表されると、パフォーマンス、アジリティ、ダイナミズムにおいて新たなベンチマークを打ち立てた。新型フライングスパーを設計する際に重要な要素は、フロントアクスルの位置を前方に移動させて重量配分を改善し、アクティブな全輪駆動、全輪ステアリング、ベントレー ダイナミック ライドと組み合わせることで、ダイナミックな精度、ハンドリング、バランスの向上を可能にしたことである。
路面状況に応じて、パワートレインはリアからフロントアクスルまで最大480Nmのトルクを発生させることができ、アクティブな全輪駆動システムにより、より高いグリップ力とドライバビリティを提供する。フロントエンドの軽快感が増し、ターンインレスポンスも飛躍的に向上した。
また、固定式全輪駆動のアンダーステアの影響がほとんどなくなり、全体的にバランスのとれた走りを実現している。
トルク配分は、選択されたドライブダイナミクスモードによって異なります。スポーツでは、システムはフロントアクスルのトルクを280Nmに制限し、リアのトルクレベルを高く維持してよりダイナミックなフィーリングを実現。また、トルクベクタリング・バイ・ブレーキシステムにより、各アクスルのトルクが管理されている。
電子制御全輪ステアリングは、高速道路での安定性と街中での操縦性を向上させる。
低速走行時には、システムが後輪を前輪と逆方向に操舵。これにより、ホイールベースが短縮されたような効果があり、最小回転半径がコンチネンタルGTとほぼ同等になり、俊敏性が向上し、駐車が格段に容易になった。
高速走行時には、前輪と同じ方向に後輪を操舵し、安定性を高め、追い越しや車線変更をより確実なものにする。電子制御全輪操舵システムは、高速走行時の信頼性と低速走行時の利便性を妥協することなく両立させる。
フライングスパーには3室式エアスプリングが採用されており、前モデルと比較して60%の空気量が増加している。これにより、スポーツレベルのスプリング剛性から高級リムジンのような洗練されたものまで、ドライバーが選択したモードに応じて変化させることができるようになった。
新車にはCDC(連続ダンピングコントロール)が採用されており、ダンパーを連続的に調整
することが可能となっている。
4つの車高センサーが車軸とボディの距離を常時計測。通常の車高との差を検知すると、それに応じてスプリング内の空気量を補正し、通常の車高に戻す。
ベントレー ダイナミックライドシステムは、ハンドリングと乗り心地の両方を向上させるように設計されている。48ボルトシステムは、アンチロールバーの剛性を管理する電子アクチュエーターユニットを制御し、必要に応じて剛性を変化させてコーナリング時の力に反発し、フライングスパーを水平に保っている。

https://www.bentleymotors.jp




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール