1/64から1/8まで マニア心をくすぐるベントレーのスケールモデル

「コンチネンタル GTにまた新色でも出たの?」と思ってしまった筆者だが、1/8スケールモデルだった。それくらい緻密なのが、ベントレーオフィシャルのスケールモデルだ。1/8コレクターズピースから詳細な1/43や1/64のミニチュアモデルまで、様々なスケールのモデルが用意されているが、なんと、コンチネンタル GTは、ウッドやカーペットからシートキルティングやフルーティングに至るまで、精巧にカスタマイズ可能ということで、スゲーの一言。
1/8スケールのモデルは特注品として提供されており、オフィスや自宅に誇らしげに飾るのに最適なサイズの独自のレプリカカーを依頼することができる。
これは、街中で走っているクルマや、印象的なコンチネンタル GTのレースカー、あるいは将来の夢のクルマにマッチするものであり、カスタマイズ可能なオプションが用意されている。
1/8 コンチネンタル GT ビスポーク モデルは、全長78cmのフルサイズカーのディテールをミニチュアで再現し、丁寧に作られたレプリカカーのキャビン全体を再現している。台座に載せられた1/8の車の寸法は、長さ78cm、幅40cm、高さ24.4cmで、ミニチュア
モデルのコンチネンタルGTコレクションの中では最大の大きさだ。
小さなステアリングホイールには、完璧にコピーされたクロスステッチ、象徴的なシートキルティングとフルートは、小さいながらも詳細なスケールでミラーリングされており、オリジナルの特徴である光沢のあるウッドパネルと豪華なカーペットまでも再現されている。
完全な精度を確保するために、1/8のモデルは、注文から最終的な納品まで、ベントレーデザインスタジオの綿密な監修のもとで開発されています。精巧なオーダーメイドモデルは、フルサイズのコンチネンタル GTのディテールを再現するために、ひとつひとつ丹念に再現されている。このコレクターズピースを手作業で製作するために, 1000個以上の小さなパーツが使用され、合計で約300時間を費やしている。
顧客は、個々の仕様に合わせてカスタマイズされたベントレーのカスタムメイドのインテリアとエクステリアのオプションの中から、幅広い選択肢から選ぶことができる。ペイント、シート、ステッチの色から、ウッドパネル、ホイール、アロイの選択まで、すべての色と仕上げは、ベントレーの本物のペイント、レザー、ウッド、その他の色と精密にマッチ。もう、ここまで来ると、こだわりっつーか、オタ●っつーか…。
でも、こんなもんじゃないのだ。ベントレーファンの中でも特に知見のある人(=ガチオタ)は、ブランドの近年の歴史の中でランドマーク的存在であったコンチネンタル GTを模したモデルを依頼してみるのも楽しい。例えば、2011年にチャンピオンのユハ カンクネンがドライブして世界氷上速度記録を更新したブラックラッピングのコンチネンタル GT スーパースポーツ コンバーチブルに見られるようなシトリックペイント、ベルーガインテリア、カーボンファイバーパネルを選択することもできる。また、2019年に限定モデル「コンチネンタルGT ナンバー9エディション」を発表するために、マリナーが最初に作成したビリジアングリーンを選ぶ人もいるだろう。写真のモデルカーは、シークインブルーのエクステリアペイントとリネンとベルーガのインテリアで仕上げられており、クラシックな組み合わせとなっている。
1/8スケールのモデルはレジン製で、ニスを塗った台座の上に置かれることで、ご自宅やオフィスのディスプレイとして、また家宝(!)として語り継がれていくことだろう。
エクステリアペイントカラー、ホイール&アロイ、ロアグリル、ブレーキキャリパー、ナンバープレート、左右ドライバーポジション、インテリアカラースプリット、メインハイドカラー、セカンダリーハイドカラー、シートキルティング、シートフルーティング、ウッド、カーペットなど、充実したオプションが用意されている。また、アイコニックなブラックライン仕様のオプションも用意されている。
コンチネンタルGTクーペモデルカーコレクション
ベントレーコンチネンタルシリーズは2003年に誕生し、グランドツーリングのカテゴリーと能力を再定義した。コンチネンタル GTは、驚異的なパフォーマンス、精巧なクラフトマンシップ、エレガントなデザインで知られているが、新世代になるたびに、テクノロジーとパワーの限界を押し広げ続けている。ミニチュアコレクションのモデルは、2018年にデザインされた第3世代クーペのスポーティなデザインと洗練されたシルエットを模倣しており、現在でも世界的にベントレーで最も人気のあるクルマの1つだ。
コンチネンタル GTモデルカーのコレクションは、コレクターのショーケースに欠かせないものであり、オーナーが所有するフルサイズのコンチネンタル GTのお供として、また、モータースポーツ、デザイン、クラフトマンシップを愛する方への贈り物として最適だ。
1/43スケールのコンチネンタルGTは、典型的なグランドツアラーの見事なレプリカである。象徴的なクーペの彫刻的なラインは、最高品質のレジンを使用したミニチュアバージョンにも反映されている。
このモデルを収納するプレゼンテーションボックスと台座には、ベントレーの象徴的なウィングロゴがあしらわれている。ブラックライン仕様のKhamunのエクステリアペイントとベルーガインテリア、またはパーポイズとリネンインテリアのストームグレイエクステリアペイントの2種類の中から、選ぶことができる。
Khamunカラーのきらびやかなゴールドトーンは、ベントレーの伝統と過去100年間のモータースポーツの英雄たちの物語に心を奪われ、これから運転を始めようとしている若いドライバーの好奇心を刺激することだろう。
1/43のモデルカー自体の大きさは、全長11.2cm、全幅5.2cm、全高3.3cmだ。
コンチネンタルGTのミニチュアコレクションの中で最も小さなモデルは、金属ダイキャストで作られた1/64スケールのモデル。フルサイズカーの象徴的なスタイリングラインを再現し、ソフトラバータイヤとホイールデザインのディテールがアクセントになっている。
このモデルは、ボディカラーをアイス、オレンジフレイム、シークインブルーの3色から選ぶことができる。どうしても選べない人には、3つのオプションを一緒にディスプレイしたり、ベントレーのモデルカーや他の車の大きなコレクションの一部にしたりするのもおすすめだ。1/64モデルは、幅3.1cm、奥行き7.7cm。
日本で、価格や在庫状況を知りたい場合には、ベントレー正規販売店までお問い合わせを。
https://www.bentleymotors.jp/dealers/dealerslist.html




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール