マセラティの歴史を紐解けるカフェが軽井沢に期間限定オープン

梅雨があければ夏だけれど、今年は気分が違うという人も多いはず。消毒、顔を触らない、ソーシャルディスタンスに気をつけて、夏を満喫せねばなるまい。そういった行動を前提にすれば楽しめそうなマセラティのカフェが、軽井沢(軽井沢書店内 モトテカコーヒー)に、2020年8月9日(日)まで期間限定でオープンしている。
最新のマセラティモデルが展示されるほか、店内にはマセラティにまつわるアート作品の展示や、ポスターなどが飾られ、マセラティの世界を存分に楽しめる。
カフェではマセラティが数々のレーシングヒストリーを打ち立ててきたシチリアの名産、シチリア産レモンを使ったオリジナル・レモネード「リモナータ・マセラティ」を提供する他、マセラティの歴史を彩ってきた数々のレーシングカーのミニチュアやマセラティの歴史に関連する書籍コーナーも設置されている。今年はレモネードブームだしね…。
初のトライデントを冠したマセラティとしてデビューしたTipo 26は、1926年にシチリア島の伝統的なレース 「タルガフローリオ」では初参戦にして初優勝を遂げた。これを契機にマセラティの長年にわたるレーシングカーでの成功の歴史が始まっている。タルガフローリオでは4年連続優勝(1937-1940年)、インディアナポリス500での2連勝(1939年、1940年)、F1での9度にわたる勝利、1957年にはファン・マヌエル・ファンジオがドライバーを務めF1世界選手権での優勝を果たす。一世紀を超えるマセラティの歴史において、このレーシングスピリットは常にクルマ作りの核となってきた。
そして2020年、マセラティはその歴史にあらたなスーパースポーツカー MC20の名を刻む。

マセラティカフェ in 軽井沢

場所:軽井沢書店内 モトテカコーヒー
〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢(大字) 1323
期間:2020年7月9日(木)~8月9日(日)
営業時間:通常営業 9:00~21:00(水曜日定休)
サマータイム 7月23日(木)~8月23日(日)08:00~21:00(定休日無し)

【問い合わせ先】

■試乗車・展示車などについて
マセラティ群馬  027-387-0226 担当:田沼 https://www.maserati.com/jp/ja/dealers/gunma

■カフェ・軽井沢書店について
モトテカコーヒー 0267-41-0344
軽井沢書店    0267-41-1331
https://store.tsite.jp/karuizawabooks/




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール