思わず二度見しちゃう!ワルそうなベントレー コンチネンタル GTの正体は?

「ショップが特注でつくったコンチネンタル GTじゃないのぉ?」という声が聞こえてきそうなこのクルマ。これはベントレーのモータースポーツ部門が、ツェルアムゼーで開催される2020 GPアイスレースに出場するための、特別なコンチネンタルGTだ。 2007年と2011年にベントレーが氷上のスピード記録を出しているのだが、W12搭載の「アイス レース コンチネンタルGT」で、2月のイベントに挑む。

このアイス レース コンチネンタルGTは、2019年のパイクスピーク インターナショナル ヒルクライムの記録的な同胞に敬意を表して、同じ工場で製造されたW12ツインターボチャージドTSIエンジンを共有する。6.0リッターのユニットは、635 PS、900 Nm、0-100 km/h加速は3.7秒、最高速度333 km/hを実現している。3つのチャンバー エアスプリング、48Vアクティブアンチロール制御システム、および鉄製のブレーキは、専用のアイストラックでのベントレー コンチネンタルGTのクールな走行を担う。

ジュニア世界ラリー選手権ドライバーのケイティ マニングス女史が、ツェルアムゼーでベントレー コンチネンタル GTのハンドルを握る。彼女はFIAヨーロッパ ラリーチャンピオンシップ レディーストロフィー受賞者、テレビ番組「ケイティのアメイジングマシン」の元ホストであり、元ラリードライバーのクリス マニングスの娘という経歴を持ち、ベントレー モータースポーツの競争力あるレース初の女性ドライバーになる。 ケイティはこうコメントしている。

「ツェルアムゼーでベントレーでレースにどうしても出たかったのです。私はクルマに完全に吹き飛ばされそうなくらい惹かれていたので、実際に、ベントレーでアイスレースができることを信じられないくらいです。クリスマスの直前には、氷の上でかなり練習をしました。最初は重く感じるかと思いましたが、その逆にダイナミックで、機敏で、反応が速いかに驚かされました。軽量のラリーカーのようにダンスすることができるので、レースが待ちきれません」

ベントレーのモータースポーツディレクター、ポールウィリアムズは次のようにコメントしている。

「このクルマの発売前、冬のテスト中に、最初にコンチネンタル GTのプロトタイプを雪の上で運転しました。このクルマがこういったサーフェスで持っている安定性とコントロール力は信じられないほどです。ですから、レースに出るのを楽しみにしています」

車両は可能な限り量産車の基準に近い状態に保たれ、リアロールケージ、機内消火システム、レーシングシート、ハーネスなどの安全性コンプライアンスのための変更は、最小限に抑えられている。標準車と違った部分は、グラウンドクリアランスため、わずかに高くなったこと、トラック幅が15 mm増えたのに対応するアーチの延長、スタッド付きピレリ スコーピオン アイス ゼロ2 タイヤ、レーザーハイパフォーマンスライト、コンチネンタル GT用の特注エキゾーストのメーカー、アクラポビッチのカスタム排気システムなど。ルーフには、ベントレー センテナリー エディションのためのボンバーのスキー板を1組装備した特注ラックが乗っている。サイドには、ボンバーのステッカーも目立つように貼られている。

予測不可能な条件での2日間のモータースポーツというGPアイスレースは、ベントレーにとって次の章をめくる第一歩となる。 1937年に最初に行われ、昨年復活したこのイベントは、歴史的および現代的なレースとラリーカーを特徴としている。ドライバーたちは、雪から削られた600mの凍ったレース場で、さまざまな車両カテゴリーで競い合い、2つのテストが行​​われる。標準的なレースとスキージョリングの展示です。スキージョリングとは、スキーヤーが雪と氷の道をクルマで牽引される競技で、起源を1928年のサンモリッツでのオリンピック冬季競技大会に遡る。ベントレーの2020バージョンには、スキーヤーのスヴェン ラウバーとかなりの馬力が搭載されるだろう。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール