ホンダ S2000ファン垂涎の20周年記念アイテムが東京オートサロン2020に出展


S2000ファンはホンダ アクセスのブースに走ろう

クルマ好きの年始挨拶ともいえる、東京オートサロン 2020が1月10日(金)から12日(日)まで千葉県の幕張メッセで開催される。そこで注目なのが、北ホール ブース9のホンダ アクセス(表示名/Modulo:モデューロ)に展示される、ホンダ S2000。名前は、「S2000 20th Anniversary Prototype (エスニセン トゥエンティース アニバーサリー プロトタイプ)」という。長いけど、仕方ない。2019年に誕生20周年を迎えたS2000を祝し、これからも“世代をつなぐ”S2000を愛して乗り続けていただくためにお客様の声を開発に反映した20周年記念アイテム(エアロバンパー、サスペンション、オーディオリッドなど)を提案するモデル、だと言うのだから。しっかし、20年も前のことなんだなぁ。…そりゃ、年取るわ、自分…。とため息つくのはヤメヤメ!あと、こういった記念ものの純正アクセサリー類ってのは、完売が必至なので、欲しい人は早めにゲットしよう。旧車ってのは、「純正」パーツが大事だよね、ホント。

トップギアUKのサイトでは、このニュースが入るや否や、アクセストレンドの1位を獲得していた。中には「S2000が再販されるのか?」と早とちり&期待してしまった人もいるようだ。

CIVIC CYBER NIGHT JAPAN CRUISER 2020 (シビック サイバー ナイト ジャパン クルーザー ニーマルニーマル)

ブースには、他にもCIVIC TYPE R(GF-EK9)をベースとした、これまた長いネーミングのCIVIC CYBER NIGHT JAPAN CRUISER 2020 (シビック サイバー ナイト ジャパン クルーザー ニーマルニーマル)なんてのも展示される。まだイラスト段階のせいか、正直ちょっとダサい感じもしているが、逆に実車が楽しみだ。

公式には「ターゲットは現代の若者に再設定し、過去のシビックが持つハッチバックシルエットや、身近な存在感をそのままに、近未来とアングラが入り乱れたネオジャパンに映えるモダナイズを施したモデル。熱いレースシーンからフィールドを移し、夜の街をクールに駆け抜けるイメージに変えた」…だそう。これは、どちらかっていうと、外国人向けな感じ。

年齢、国籍問わず、ホンダ アクセスのブースには足を運びたい。









注目記事







アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール