話題SUBARU

漆塗りのスバル360が東京初お披露目

漆塗りで仕上げられたスバル360

漆塗りで仕上げられたスバル360

キャッシュゲットモール


日本の職人技をかけ合わせたスバル360

現在、伝統工芸 青山スクエアで開かれている第53回全国漆器展は、クルマ好きにもぜひ足を運んでもらいたいイベントだ。クルマ好きになぜ漆器?と疑問に思う方も多いと思うが、なんと、今回は東京初披露で、漆塗りのスバル360が展示されているのだ。

漆塗りのスバル360漆塗りのスバル360

塩尻市出身の百瀬晋六氏が開発を主導した「スバル360」を、てんとう虫工芸士が木曽漆器でリメイクした作品で、自動車と木曽漆器という日本の職人技をかけ合わせた、世界に1台の逸品だ。

外装だけでなく、ハンドルやダッシュボード、レザー、天井などの内装にも木曽漆器の全ての技法が施されている。漆塗りと一口に言っても場所によって塗り方が変わっているので、作業時間を考えると気が遠くなりそうだ。

漆塗りのスバル360漆塗りのスバル360漆塗りのスバル360漆塗りのスバル360

この漆塗りのスバル360は実際に公道も走ることもでき、イベントにも引っ張りだこだというが、どこでも人が集まってきて常に大人気だそうだ。

漆の特性として、水には強いけれども紫外線には弱いということだったので、こういった室内での展示の方がクルマのためには良いのだろう。

なお会場である伝統工芸青山スクエアは、全国から伝統的工芸品を集めて、作品の販売もしている。そのため海外からのお客さんが大変多く集まる場所でもある。

会場に来ていたイタリア人のお客さんは、「イタリアではフェラーリレッドが人気なので、こういった朱色は珍しいけれど、クルマの色としては難しいかもしれない」と感想を言っていたという。

そして、やっぱり、下衆な質問を、展示会の担当の方にしてみた。「このスバル360、売るとしたらおいくらくらい…?」

「所有者に聞きましたが、売ることは考えたことがないそうで、値段もつけられていません」とのこと。

仮定の話しで売られることがあるとすれば、まあ、最低でもウン百万円にはなるだろう。

この展示会は10月17日(水)まで開催されている。


伝統工芸 青山スクエア 告知

日本漆器協同組合連合会










注目記事




トラックバックURL: http://topgear.tokyo/news/18352/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

subscribe RSS