アストンマーティン DBX707 AMR24は、F1マシンを記念した特別仕様車

このアストンマーティン DBX707 AMR24は、F1マシンを記念した特別仕様車である。あまり勢いよく脱帽しないことを祈ろう。


アストンマーティンは、SUVのDBX707の特別仕様車を公開した。これは[メモを確認]F1でのパフォーマンス低下を祝うもの…というのは、冗談だ。700馬力近いスーパーSUVが、アストンの2024年型F1マシンの生地で仕立てられたスーツを着ている。

このF1マシンは、フェルナンド アロンソの手によって、(少なくとも最後の数レースまでは)今シーズンここまで好成績を記録している。アストンによれば、このマシンは「ユニークな色彩とトリムの特徴によるキュレーション」だという。確かに、グリーンで力強い。

しかし、以前より強力になったというわけではない。DBXの唯一のバージョンである4.0リッター、ツインターボV8からは、これ以上のパワーは予告されていないからだ。この2つの数値は、DBX707を時速0-97km/hで3.1秒、さらに310km/hまで加速させることができる、いわゆる「本当に十分な」ものだ。

このパワーは、ブラック、ホワイト、またはご覧のような美しいグリーンのペイント、グリーン/ライムグリーンのブレーキキャリパー、サテンまたはグロスブラックの23インチ「フォルティス」ホイール、そして重要なAMR24エンジンプレートと組み合わせることができる。

また、ボディキットにはグリーンまたはシルバーのアクセントが施され、公式F1メディカルカーに敬意を表している。インテリアでは、カラーステッチとパイピングが施されたブラックトリム、カーボンファイバー、ダーククローム/チタニウムメッシュ、サテンクロームのディテール、そしてアストンマーティンとAMR24のロゴがあちこちに散りばめられている。

また、Bowers & Wilkinsのセットアップによる強力なサウンドシステムも搭載されているが、それでも、アウト側の車線をあなたより速い車が何台も通り過ぎていくのを見ながら、V8の雷鳴をかき消すことはできないだろう。冗談だけど、とにかくうるさいのだ。

アストンの2024年F1マシンの生地で仕立てたスーツを着た700馬力近いスーパーSUVが欲しいなら、今すぐ注文も可能だ。

ブガッティ ボリード/ケータハム プロジェクトVの真実/日本のDAMD/プリウス:トップギア・ジャパン 061






=海外の反応=
「では、莫大なリソースを投入しているにもかかわらず、クルマはがっかりするほど遅いのだろうか?他の車の500m手前でブレーキに触れるたびに違反切符を切られるのだろうか?」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/07/71446/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ