AMGが新型EV用プラットフォーム、AMGエレクトリックアーキテクチャーを雪上でテスト

これはAMGが雪上でテストしている新しい100%EVのプラットフォーム。「AMGエレクトリックアーキテクチャー」がパフォーマンス専用EVを支える。

これらの写真では、非常に真剣な作業が行われている。少なくとも、メルセデスはそう語っている。

カモフラージュされたクルマが凍った湖の上を楽しそうに滑っているように見えるかもしれないが、実はメルセデスAMGがスウェーデンのアークティックサークル(北極圏)の近くで初の電気自動車専用プラットフォームをテストしているのだ。

もちろん、このプラットフォームは凍った湖の上で愉快に横滑りさせながらテストしているのだが、それはこのAMG.EA(AMGエレクトリック アーキテクチャー)が適切なパフォーマンスカーを支える必要があるから。メルセデスは、現在のカモフラージュは「将来のデザインへのヒントをほとんど提供しない」と語っており、皮の下に何があるのかについての詳細も教えてくれないが、AMG.EAが軸流モーター技術と新しい高性能バッテリーを採用することはわかっている。

「数々の新しいイノベーションを先駆ける技術的な先駆者」と約束されているが、すぐに本格的な量産車がプラットフォームの上にできあがることは期待しないでほしい。AMGは、「要求の厳しい包括的なテスト計画の初期段階にある」としている。

でも、写真を見る限り、とても楽しそう…ではある。

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「すべてのEVが超速い現状で、彼らがどのようにハードルを上げるのか興味深い」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/03/68670/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ