90年代の日本のスポーツカーでベストはどれ?トップギア読者アンケート

90年代の日本のスポーツカーでベストは?トップギア読者アンケートの結果発表。自動車史上最も偉大な年代のひとつは、多くの記憶に残るクルマを生み出したが、トップギア読者の信頼を勝ち得たのはどれだろうか?

2024年に入って2ヶ月が経過した。なぜあなたはまだ、過ぎ去った時代の、決して上質とは言えない日本製スポーツカーのセレクションを夢見ているのだろう?それはおそらく、1990年代というこの期間が、事実上自動車冷戦の中で、世界で最も賢明なメーカー数社による、革新的な技術やデザインを競い合い、独自のアイデアを追求するために、新しい時代へと向かっていくバトル状態、そう、狂気の10年間だったからだろう。そしてその結果は…見事なものだった。

トヨタは、ストリートで圧倒的な強さを発揮するA80型スープラを開発するために、基本的な知識に関する幅広い知識を注ぎ込んだ。同時に、セリカ GT-Fourは世界ラリー選手権で暴れまわり、シザードアのセラは皆の心を奪った。ただ、悲しいかな、多くの販売台数を保証するには至らなかったが。

一方、横浜では日産 スカイライン GT-Rが3世代にわたって実を結び(R32-R34)、パルサー GTI-Rや240SXといったドリフト界屈指の名車もラインアップに加わった。

ホンダでは、上級技術者たちがアイルトン セナの指示に熱心に耳を傾け、初代NSXの戦いに備えていた。一方、インターンたちは世界に初めてシビックとインテグラのタイプ Rのモデルを発表するために時間を費やしていた。

その結果は、かなり一方的なものになった。

勝者を決定する前に、名誉あるポジションに輝いたクルマについてご紹介しよう。ロータリーエンジンを搭載したマツダ RX-7が第2位、三菱 ランサー エボリューションと日産 スカイライン GT-R R32が第3位を争った。

また、R34スカイラインとトヨタの4代目スープラという、この時代の2大巨頭の名前も挙がったが、アイルトン セナにインスパイアされ、ヨーロッパ勢に全能の戦いを挑んだクルマ、ホンダ NSXによって、泥沼に取り残されてしまった。ぶっちぎりでホンダ NSXが得票した。

特に目を引いたのは、"ピーターソン"が投稿したコメントである:「間違いなくNSXだ。他のみんなが技術やギミックで強引に進もうとしていたのに対して、マツダは丸い穴に四角い釘をはめようとしていたが、ホンダは何をすべきかわかっていた。純粋なクルマを作り上げ、音の良いエンジンを搭載し、重量と複雑さを増やす無駄なテクノロジーに固執しない。基本を完璧にする、残りは後で追加できる。必要ならば」

まあ、それに反論するのは難しい。記事が公開されると、クルマ仲間との議論が波乱を巻き起こすことになるだろう。その間に、NSXがこれほど圧倒的な勝利を得るのは当然だと思う?あなたのご意見をお聞かせいただきたい。

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「新型NSXは旧型NSXが輝いた部分で失敗したのだ。驚異的なパワー、素晴らしいスタイリング、素晴らしいドライビングエクスペリエンスを満載した技術の祭典とも呼ぶべきクルマだが、痒いところに手が届かない。運転しながら、小さな問題点や改善点を常に考え続けることになる。旧型NSXは、運転し始めた瞬間にその疑念を投げ捨ててくれる。
本当に手ごわいクルマとは、運転中に頭の中で改良点の買い物リストを作るのを邪魔してくれるクルマだ。そういうのはありえないほど珍しい。さて、このカテゴリーに入るクルマは他にあるだろうか?TGスタッフ、何を議論すればいいかわかるよね?」
↑「こんなことを言うのは間違っているかもしれないが、私は新型NSXを日本車だとは思っていない。むしろアメリカ車だと思う」
↑「もう少し詳しく説明してもらえる?ミッドマウントの高回転型V6と、F1ドライバーの協力を得てチューニングされた比較的硬めのサスペンションは、私には「アメリカ!」とは感じられない」
↑「新型NSXは完全にアメリカで設計・製造された。正確にはオハイオ州。そのため、新型は本来のJDMのエスプリを踏襲しておらず、評判は良くなかった」
↑「ああ、「新型NSX」の「新」を見落としていた。申し訳ない!」
↑「新型NSXの問題点は、厨房にシェフが多すぎたことだ。例えばエンジンを見てみると、V10があり、V6があり、ハイブリッドシステムがあった。あまりに複雑すぎて、厨房にはたくさんのシェフがいて、ゴールポストは毎日動かされいた。
ホンダは、初代NSXが傑作であった理由を忘れてしまったようだ。それは、シンプルなアイデアをうまく実現した軽さとパワー、そして見事なシャシーだった。348をいじくりまわしていたフェラーリが素人集団に見えるほど見事なクルマだった。一方、現代のNSXは911 ターボやアウディ R8を相手に苦戦を強いられた」
↑「新型NSXは90年代のJDMカーではない、その通りだ。2002年のNSX Type-Rが最強」
↑「あなたは正しい。最高のスポーツカーを挙げた。純粋なストリートでの存在感を求めるなら、私はスープラかR34を選ぶね。彼らのスタイリングとプロポーション…ヤバい」
「新型NSXはまあまあ。現代、日本のスポーツカーの最高峰はレクサス LFAか日産 R35 GTR ニスモだと思う」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/03/67871/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ