ファイト!マイクロリーノ ライトがシトロエン アミに挑む 最高速度は45km/hに制限され、ヨーロッパでは14歳でも運転可能

ファイト!マイクロリーノ ライトがシトロエン アミに挑む。現代のイセッタバブルカー、最高速度は45km/hに制限され、ヨーロッパでは14歳でも運転可能に。

これは新型マイクロリーノ ライトで、その愛らしいプロポーションとは裏腹に、シトロエン アミとの一騎打ちを望んでいる。

マイクロ(Micro/これは現在、全電動バブルカーのレクリエーションを製造する会社の名前である)は本日、ジュネーブモーターショーで新型マイクロリーノ ライト(Microlino Lite)を発表した。大きなニュースは、L6e軽四輪車規制に準拠するため、標準車の最高速度が時速50マイル(80km/h)弱に抑えられたことだ。

そのため、アミと同様、このバージョンのマイクロリーノの最高速度は時速28マイル(45km/h)で、14歳以上であれば(ヨーロッパでは)原付免許だけで運転できる。ピークパワーは12bhpと、はっきり言うのもはばかられる数字だ。

バッテリーは兄貴分のマイクロリーノと同じで、5.5kWhのユニットが標準装備され、航続距離は100km。え、何、それ以上必要?11kWhのバッテリーにダブルアップすれば、航続距離は180kmになる。

色は「ベニスブルー」と「ベルリンアンスラサイト」の2色が用意され、開口部のサンルーフと230リットルのトランクが付くと聞いている。印象的だ。

「マイクロリーノ ライトは、持続可能なモビリティソリューションをより多くの人々が利用できるようにするための、私たちの貢献です」と、創業者のマーリン オーボーターは述べている。「私たちは、このようなモビリティのニーズが高まっていることを認識しています。特に、運転免許がなくても安全で悪天候から守られたいと考えている人たちの間で、そのニーズが高まっているのです」

とはいえ、マイクロリーノのスタイルにお金を払うことに変わりはない。アミが月額99ポンド(19,000円)という破格の値段であるのに対し、マイクロリーノ ライトは130ポンド(25,000円)前後からとなる。

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「SUVに乗ったバカに轢かれるまで探せ」
↑「それなら、バカなSUVを作るのをやめるべき」
↑「関係ない。どんな小さな車でも、オートバイやスクーターでも、自転車でさえ、SUVに轢かれたら苦しむだろう」
↑「棺を買うお金が節約できると思えば...🤷‍♂️🤷‍♂️🤷‍♂️🤷‍♂️」
「これはISO / BMW - Issetaのエクステリアスタイルを盗んでいるのでは?もしそうなら、このクルマは記事で言われているほど印象的ではない。この小型EVのために最初から彼ら独自のこだわりのデザインスタイルを作っていたら印象的だっただろうに」
「アミではなく、同じプラットフォームを持つフィアット トッポリーノが精神的なライバルになるだろう」
「ステアリングホイールはかっこいいと思うよ。適度にレトロだ。でも、現実の世界では使えないだろうね」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/02/67709/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ