近頃のスーパーカーはヤワすぎる…なら1,000馬力のコルベットを改造し、装甲化もできるレズヴァニ ビーストがあるよ

レズヴァニ ビースト、1,000馬力のコルベットを改造した装甲車。今日のスーパーカーでは物足りないとお嘆きの貴兄に。アメリカのレズヴァーニ社が、とんでもないものを…。

レズヴァニ ビースト(Rezvani Beast)を覚えているだろうか?前回は、アリエル アトムをベースにしたワイルドなカーボンスポーツカーで、そのわずかな重量に700馬力というかなり恐ろしいパワーを搭載していたんだっけ。そして今、カムバックしたんだけど、今回はちょっと方向性が違う。

コルベット C8をベースにしたBeast Mk2だ。その名に恥じないよう、その系譜は言うに及ばず、その数値はそれを物語っている。ノーマルの6.2リッターV8エンジンはツインターボ化され、最高出力は1,000ps、最大トルクは1,190Nmに引き上げられた。アトムの本社がある英国サマセット州の軽量サーキットスペシャルではなく、オールアメリカンヒーローをベースにしているため、より重量は増えている。1/4マイルはわずか9.6秒だ。

その外観は現代のコルベットとはまったく異なり、似たようなサイドベントの配置や取り外し可能なタルガトップルーフを越えて、間違いなくC8のややゴテゴテしたミッドシップエンジンのフォルムにはるかに美しい美学をもたらしている。特にリアはエレガントにまとまっており、隠されたフロントライトはポップアップ式ヘッドランプの時代を彷彿とさせる。これは、古くからのスタイリングへの現代的なオマージュのように見える。

重量はC8よりはるかに軽く、わずか1,352kg。レズヴァニが「アメリカの最新世代の戦闘機に使用されている高温樹脂を使用した特殊なカーボンファイバー製の軽量ボディ」のおかげで約300kgも軽量化されている。創業者でありCEOのフェリス レズバニの父親はジェット機のパイロットであり、レズヴァニは父親から受けたインスピレーションを熱心に語っている。

8速ツインクラッチトランスミッションがV8のパワーをリミテッドスリップディファレンシャルを介してリアホイールに送り、フロント20インチ、リア21インチのスタッガードホイールレイアウトで、高性能ミシュラン パイロットスポーツカップ2 Rタイヤを装着している。まるでスーパーカーのようだ。

インテリアの一部は「ヴェット」そのものだが、ステアリングホイールがマイナーチェンジされ、核となるボタンや機能はそのままに、ヨークに近い形状になっていることに気づくだろう。慌てて縦列駐車をするときは、その欠けている部分に注意してね…。

わずか20台の生産で、価格は485,000ドル(7,300万円)から。もちろん、オプションを追加すると価格は上昇するが、ビーストを購入する選ばれた人たちのために多くのカスタマイズが用意されている。

最も印象的なのは「007」パックで、45,000ドル(680万円)の追加で、電飾ドアハンドル、サーマルナイトビジョン、ガスマスクなどのアイテムが追加され、防弾ガラスと装甲外板をつければ、さらに55,000ドル(830万円)。ライトウェイトパフォーマンスカーとしては確かにワイルドだが、この種の装備はレズヴァニにとって前例がないわけではなく、実際、私たちはタンク 4x4でこれをすべて試したことがある。しかし、しかし、ここでは過剰すぎるように思えるが、1,000馬力やいわゆる「ドラゴンウィング」ドアも同様だ。

このクルマに乗るために並んでみない?

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「インテリアの写真は、フォトショップを使った方がいいと思う。ダッシュまわりのレザートリムやステアリングホイールの "編集 "は、スズキならともかく、7,300万円のクルマでは受け入れられないだろう」
「前からも横からも良く見えないけど…後ろ姿は良く見える」
「7,300万円とは高すぎるかもしれないが、いい刺激」
「これ、カニエ ウエストの新しいクルマになりそう。彼の次のミュージックビデオにこの車が登場するのを見たい」
「ボンネットのすぐ下にあるフロントの赤いパーツは、もしヘッドライトと同じ高さだったら(カーブを描くのではなく)、素晴らしいものになるはず!今は、後付けされたように見える。全体的に、私はこのクルマのルックスが気に入った!クリーンなライン。そしてその背中は…すごい」
「バイエルン・エコンがBMW 2002を232,000英ポンドで販売しており、特注のハイパーカーが100万ポンドを超えることを考えると、これは非常にお買い得だと思う。
ただ、ダッシュボードのカウルのレザートリミングがショッキングなほどお粗末なのは勘弁してほしい」
「1,352kg…保証できない。おそらく、乾燥重量に忍者的な計算を加えた数字だろう。そもそもC8は小型車じゃないし」
「前がアストン、後ろがロータス?」
「忘れられないが許せない」
「これを見たとき、鼻で笑ってしまった」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/02/67167/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ