メルセデス・ベンツの自動運転車の発売が一歩ずつ近づいてきた

メルセデスの「自動運転車」の発売は近いのか?TGがメルセデスの技術責任者にインタビュー:レベル4の自律走行車はこの10年で現実的になったのだろうか?

自動運転車は大きな議論となっている。2023年、テスラは、ドライバーが道路に注意を向けているかどうかを検知するシステムが十分でないと判断され、200万台以上の車のリコール(というより、オーバー エア アップデート)を余儀なくされた。死亡事故も発生している。一方、ウェイモやGMの「クルーズ」のような企業は、法的な対立に巻き込まれているという。神話のような「ビールを飲んで寝ている間にパブから家まで送ってくれる車」なんてものは、まったく近い未来には見えていない。

しかし、その研究は続けられており、メルセデスは先頭を走ることを目指している。メルセデスは今年、ネバダ州とカリフォルニア州で、LiDAR制御の「レベル3」自律走行機能を備えた電気自動車、EQSサルーンの販売を開始する。

メルセデス・ベンツの最高技術責任者(CTO)であるマーカス シェーファーは、トップギアに対し、「自動車会社として初めてアメリカでレベル3の自動車を販売することは、我々にとって非常に特別なことなのです」と語った。「レベル3カーのライセンスを持っているのは我々だけです」警察に車が自己制御していることを知らせるためにデザインされたターコイズブルーのマーカーライトのおかげで、レベル3カーを見分けることができる。

では、より多くのドライバー "アシスタンス"システムを推進することについて、そして真のロボットカーまであとどれくらいの日数がかかるのかについて、彼の専門的見解はどうなのだろうか?

「私はドライバー "アシスタンス "という名前の大ファンです。それはあなたをアシストすべきですし、あなたを困らせてはいけません。ある種の車に乗っていると、車が次に何をしようとしているのかドキドキして血圧が高くなります!次の瞬間に何かが起こるかどうかわからないんです」

「私たちのレベル2(自律走行)システムには、このようなアプローチ(アシストのみ)があります。これがレベル2システムの開発目標です。このようなリラックスとアシストを提供することで、運転が楽になります。道路の中央を走行し、追い越しを行い、新型車には車線変更機能が搭載されましたが、危険な操作は一切行っていません」

この10年間で、「誰が最初の完全自律走行車を作れるか」から「誰が最も繊細なADASを作れるか」へと話は少し変わったのでしょうか?

「その通りです。だからこそ、私たちは2つの製品を用意しているのです。非常に高度なレベル2のシステムもありますが、私の意見では、長距離を運転すると本当にメリットが出てくるのです。リラックスさせてくれます。車から降りれば、楽しいドライブを楽しめたと感じ、血圧も上がりませんよ」

「でも、次のレベルに行くと、レベル3の車なんです。レベル3の車だから、モードの混乱はない。今はどんなモードなんだろう?車を信じていいのか?クルマは次に何をするのか?ステアリングから手を離してもいいのか?といった疑問はありません。ですから、私たちが行っている明確な区別があります」

「現在のクルマに搭載されているのはレベル2のシステムで、非常に高度なものです。私たちが提供するレベル3のシステムでは、本当に手を離してもいいし、目を離してもいいし、他のことをしても構いません。もはや混乱はありません」

「しかし、レベル2を極端にまで引き上げて、それにレベル3の機能を混ぜ込んで、別のレベル3の車を与える場合は、非常に頻繁に、本当の意味でアシスタントシステムではない不快な状況を作り出していることになると思います」

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「なぜ、単に機能しない「安全」技術にお金を払わされることを受け入れなければならないのか?まったく詐欺だ。私の車にはADASシステムや「役に立つ」テクノロジーが満載されている。正直言って役に立たないので、すべてオフにしている。オートマチックフルビームヘッドライトでさえ、信頼性に欠ける。私のストレスレベルを下げるどころか、これらの「機能」を使うことでストレスレベルが上がっている。ドライバーに責任を負わせ、人間が簡単にできることをコンピューターにさせようとするのはやめてほしい。どの一般人が本当にコンピューターに運転を代わってもらおうとしているのだろうか?そして、最悪の事態はこれからだ。少なくとも今日、私にはこのようなひどいシステムをオフにするオプションがある。数年経てば、おそらく運転もせず、実社会での経験も理解もないバカな官僚のせいで、オフにする選択肢もなく、強制的に押し付けられることになるだろう。アフターマーケットが回避策を見つけ出すことを願うばかりだ」
「まだとても遠い未来だよ」
「あの会話でさえ混乱した。人間は間違いを犯すものだ。私は自分の運命をコントロールしたい。車と、AIと、人生と。選択とコントロールは、自立と感覚的な生き物であることの要点だ」
「メルセデスを所有したことのある人の何割が、本当に自分で運転してくれるメルセデスに乗りたがっているのだろう?そんなことより、メルセデスはスクリーンを増やすことに専念すべきだ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/02/66901/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ