レクサスやHyundaiと勝負?タクシー会社が作った8人乗りミニバンのLEVC L380が英国に来る

8人乗りの高級ミニバン、LEVC L380が英国に登場。タクシー会社が製造したまったく新しい電動MPVは、有名な中国系ブランドの転換を示すものだ。

LEVCの電気自動車L380 MPVがあれば、おばあちゃんとその友達6人全員を金曜の夜のビンゴゲームパーティに送り届けることができる。LEVCは、今年の中国でのデビューに続き、2026年にイギリスでの発売を予定している。

ロンドンの黒塗りタクシーの電動化でその名を知らしめたLEVCは、吉利汽車との提携で構築されたメーカーの新しい「スペース オリエンテッド アーキテクチャー」(SOA)プラットフォームを利用するL380で、同様の成功を収めようとしている。L380は、イギリス諸島向けオール電動化新商品の第一弾で、すべて同じプラットフォームを使用する予定である。

L380には3人乗り、6人乗り、8人乗りが用意されるが、今のところわかっているのはそれだけだ。憶測では、前輪を駆動する268bhpの電気モーターが搭載され、120kWhのバッテリーで約645kmの航続距離を実現する可能性が指摘されている。どれもとても…普通に聞こえる。だから、おばあちゃんも気に入るはずだ

LEVCのボス、アレックス ナンは言う: 「SOAプラットフォームをベースとした複数の新モデルが先導役となり、今後数年間で40カ国以上での展開を目指しています。L380は、LEVCの将来的なビジョンを示す最初のデモンストレーションであり、まったく新しい分野へのビジネスを開始するものです」

メカニカルと同様、LEVCはL380の価格設定を伏せたままにしているが、今後数ヶ月のうちに明らかになると思われる。

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「Hyundaiのデザインを誰かがコピーするとは思ってもいなかった。彼らは模倣デザインの絶対的な先駆者なのに。Hyundai スターリアがジムに通ったのかと思ったよ」
↑「これはスターリアほど良くも、また、独創的には見えない。スターリアは本当に魅力的だ。しかし、スターリアがしょぼいディーゼル車なので、競争相手はいない。ID.Buzzが競合車となるかもしれないが、少し小さいですね。

個人的に、これが正直なMPVであることが好きだ。これはボルボのEM90やZeekerのものと同じクルマなのかね?」
「外見は本当にクリーン。少し悲しげな顔をした垂れ下がったライトを除いて」
「コメントにはたくさんのイライラした人がいるけど、生産バージョンを見てみるのが楽しみだ。これは悪くない見た目のクルマ」
「僕はレクサスを買う方がいい」
「少なくとも、彼らは他のモデルや古典的なタクシーキャブを連想させるようなデザインにすることができたはずだが、これらの人々は毎日新しいブランドを作成し、購入して(ほとんどの場合)、自分たちのブランドアイデンティティを消去し、異なるロゴのデザイン言語を持つ車両を作成している」
「ヨーロッパで中国車をすべて禁止しなければならない。彼らはヨーロッパの商品を値下げし、ビジネスから追い出すんだ」
↑「同意する。共産主義中国に打ち勝とうよ。自分たちも共産主義になることで!」
↑「でも、それは他のすべてのことでもやっているんじゃない?なぜ車だけを禁止するの?そして、あなた自身が中国製品を買っていないことを確認してないの?避けるのが難しいよね」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/01/66713/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ