鳥か?飛行機か?違う!俺たちのマンソリー発ワイドボディの空飛ぶクルマだ

鳥か?飛行機か?違う!俺たちのマンソリーのワイドボディ空飛ぶクルマだ。センスのいいチューニングの王様が、クルマで空を飛ぶってのは、さすがに苦戦するのではと心配されている方のために。

誰かマンソリーを調べてくれないか?ドイツのチューナー、マンソリーは今、存亡の危機を迎えているのかもしれない。だってさ、マンソリーの従業員たちは、また別のスーパーカーにカーボンファイバーを大量に追加する代わりに、空飛ぶクルマのボディキットに取り組んでいるんだから。何かあるんじゃないか?と考えても不思議はない。

このレンダリング画像だって、何が起こっているのかよくわからないが(まあ、本物じゃなくて、レンダリング画像だろう?)、おそらくマンソリーは、どんな未来が待っていようと、それに備えたいだけなんだろう。

「未来のクルマ、つまりマンソリーの洗練されたクルマは、多くの点で変化するでしょう」と、このチューナーの最新プレスリリースには書かれている。そして、次のように続く。

「しかし、それは将来どのようになるのでしょうか?どのように動力を得て、どのように移動するのか?何が根本的に新しくなるのでしょうか?」

「しかし、ひとつだけ確かなことがある。それは、名だたるメーカーからカスタマイズされた洗練されたクルマとその欲求は、いつの時代にも存在し続けるということです」

なるほど。

だから、このカーボンの創造物がすぐに私たちの道路(あるいは空)にやってくることはないだろう。しかし、だからといってマンソリーのビジネスが枯渇しているわけではない。2024年には、ロールス・ロイス スペクター、ランボルギーニ レヴエルト、フェラーリ プロサングエをベースにした3台の「コンプリートコンバージョン」が登場すると言われている。みんながスマホでSNSを見ている間にも、モデナの弁護士たちが停止命令書を準備している音が聞こえてくるようだ。

皆さん、何が起きるのかわからないので、目を光らせていてほしい。だって、マンソリーのことだから。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058





=海外の反応=
「巨大なリアディフューザーが気に入っている。なぜなら、飛べるクルマが本当に必要とするものは、多くのリアダウンフォースだから」
↑「空中でサイドミラーはまだ役立つのかな?上空で駐車は不要かもしれないね。多分、ヘリコプターやジェットに追い越されるときに確認するためかも?」
↑「後ろにスピード取り締まりの警官がいるとき、どうやって知るんだろう?」
「今年もMansoryに対して悪趣味警察が忙しいのは良いこと」
「マンソリーはこれからもずっと続くだろう。そして、将来にわたって私はマンソリーを嫌い続けることになるだろう」
「本当のブレードランナースタイルの道路を走る飛行車を開発している。それはスカイチェイサーと呼ばれている。大きな4つの車輪があり、スポーツカーのように見え、ドライブもでき、垂直および水平に飛行し、さらには水陸両用だ。外見と機能は有名なSciFi映画『ブレードランナー』の中の飛行車に似ている。展開する翼はなく、ボディを翼として使用する。また、プロペラはボディの内部にあり、外部にはあらない。私は2016年にカリフォルニア州サンディエゴでプロジェクトを始め、非常によく飛ぶ1/6スケールモデルを開発し、概念を証明した。それからCADモデルを開発し、同じ方法でフライトシミュレーターで飛ばした。3年前に、ビジネスパートナーと共にフュジェスタ、スウェーデンに移り、無人のフルスケールプロトタイプを開発した。フルスケールのプロトタイプは最近、VTOLモードでホバリングし、良く飛びる。私たちは現在、その車両の有人バージョンを開発するためのパートナーを探している。すでにいくつかの関心を持っている企業がある。詳細は「Sky Chaser flying car」で検索してほしい。フライト動画はTokTokで見つかる。William Walker Sky Chaserで検索してほしい」
「まあ…今、この種のものを作る技術はある。でもそれは誰もこれらを飛ばすことができるという意味ではない。これがすぐに起こる理由はたくさんある。法的理由や健康と安全、そして最も重要なのは物理学」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/01/66381/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ