キングセイコーから、ダイヤルに 日本の伝統紋様「菊つなぎ紋」をかたどった数量限定モデルを発売

キングセイコーから、ダイヤルに日本の伝統紋様「菊つなぎ紋」をかたどった数量限定モデルを発売。ブレスレットを簡単にレザーストラップに交換できる新作も登場した。

キングセイコーより、1965年に誕生した2代目キングセイコー “KSK” の洗練されたデザインを受け継ぎ、薄型自動巻ムーブメントの「キャリバー6L35」を搭載した限定モデルを発売する。また、キングセイコーが国産機械式腕時計の進化を牽引した1960~70年代のファッションに着想を得た、アースカラーのダイヤルが特徴の新作3種も発売する。限定モデルの発売は10月7日(土)で、世界限定600本、希望小売価格は440,000円。レギュラー 3種の発売は9月8日(金)で、希望小売価格は253,000円。

今回の数量限定モデルは、東京・亀戸で誕生したキングセイコーのものづくりに通じる江戸の園芸文化に着想を得ており、東京で江戸時代から愛され、日本を代表する花である菊をダイヤルデザインのモチーフにしている。カッティングラインが細かく交差する紋様は「菊つなぎ紋」と呼ばれ、江戸切子の中でも最も高度な技が要求される伝統紋様だ。この紋様をもとにホワイトの型打ちダイヤルによって美しい白菊を表現した。

ムーブメントには、セイコーの現行機種において最も薄い自動巻ムーブメント「キャリバー6L35」を搭載し、ケース構造と風防を改良することによって、2代目キングセイコー “KSK” のオリジナルモデルよりもさらに0.2mmの薄型化を実現した。

ガラスやケースの稜線を丹念に仕上げて際立たせることで、KSKの特徴である直線的でエッジの際立つケースデザインをさらに引き立てている。ダイヤルには堂々とした太く長い三面カットの時分針を採用しており、立体的なインデックスに呼応して輝きを放つ。また、ダイヤルと調和するライトグレーのレザーストラップが付属する。

豊富に専用レザーストラップをラインアップしているキングセイコーに、メタルブレスレットを簡単に付け外しできる3モデルが加わる。エンドピースの過度な回転を防止するダブルレバー式の簡易着脱レバーを採用した。高級感、着脱のしやすさ、腕へのフィット感を合わせ持ったブレスレットだ。別売りの10種類のレザーストラップと組み合わせることで、多様なシーンで着用することができる。また、コの字の形状の嵌合部は、ダイナミックな印象を生み出すとともに、ケースとブレスレットとの隙間を少なく滑らかにつないでいる。

ダイヤルカラーは、チャコールブラック、インディゴブルー、そして新色のオリーブグリーンの3種類だ。キングセイコーが国産機械式腕時計の進化を牽引した1960~70年代のファッションから着想を得て、アースカラーを採用している。ダイヤル表面には縦方向のヘアライン仕上げを施し、アースカラーと組み合わせることで、経年変化したような味わいを表現した。また、ダイヤルデザインに合わせて、時分針とインデックスにもエイジングカラーのルミブライトを採用しているため、ルミブライトがダイヤルと調和しているうえに、昼夜を問わず視認性を保つことができる。

3種に搭載するメカニカルムーブメント「キャリバー6R55」は、コンパクトな自動巻機構を持ちながらも、3日間(約72時間)のロングパワーリザーブ性能を実現している。さらに、デイト表示を備え、様々なライフスタイルに対応している。



トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/62370/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ