ロータス初のフラッグシップ ヨーロッパ ブランドセンターがロンドンのメイフェアにオープン

ロータス初のフラッグシップ ヨーロッパ ブランドセンターがロンドンのメイフェアにオープン。100%電動SUVのエレトレを皮切りに、Vision80を実行中だ。

ロータスは8月1日に、ロンドン・メイフェアにヨーロッパ初のフラッグシップ・グローバルブランドセンターをオープンした。

ロータス・ロンドンは、首都ロンドンのラグジュアリー、アート、カルチャーの中心に位置するピカデリー73 番地にある。ロータス・ロンドンは、顧客にロータス ブランドへの独占的かつ没入感を提供することで、ロータスのテクノロジー、パフォーマンス、伝統に対する長年の取り組みを結集する。

この店舗では、VIP ラウンジや、顧客が自身の車をパーソナライズできるオーダーメイドのデジタル体験が提供され、専門家が常駐してサポートする。さらに、ブランド生誕 75 年の豊かな歴史から生まれたクラシックカーのデザインを定期的に展示し、ブランドのギャラリーとしても機能する。

ロータス・ロンドンは、ハイパーSUV「エレトレ」、スポーツカー「エミーラ」、ハイパーカー「エヴァイヤ」といった次世代車のラインナップを含む、最新の車両や製品のショーケースや発表の場としても機能。また、店内ではロータス商品やその他の共同ブランド商品の購入も可能だ。例えば、ロータスと KEF は最近、新しい LS60 ワイヤレス・フロアスピーカーを発表し、ロータス・ロンドンで購入できるようになった。

このショールームは、ロータスがグローバル・パフォーマンス・ブランドとなるためのビジョンを具現化した「ハイパー・スペース」だ。2018 年、ロータスは Vision80 を発表し、ロータスが 80 歳になる 2028 年までに、ブランドを伝統的な自動車会社から、オール電動のインテリジェントでラグジュアリーなモビリティ・プロバイダーへと変革する計画を明らかにした。

ブランドセンターは、消費者のためにユニークでパーソナライズされた体験を創造することに焦点を当てた、事業のグローバルな顧客体験戦略の重要な柱を形成しており、ロータスは、ヨーロッパ、アジア、アメリカを含む主要市場において、世界中にさらなる店舗を立ち上げる計画だ。

グループ・ロータスのチーフ・コマーシャル・オフィサーであるマイク・ジョンストンは、次のように述べている: 「新店舗のオープンは、ロータスを世界的なラグジュアリー・パフォーマンス・ブランドに変貌させるという我々のコミットメントを示すものです。私たちの製品に対する需要は非常に大きく、2028 年までに急速に規模を拡大するという野心的な計画を持っています。世界中のブランドセンターは、ロータスブランドと消費者との長期的な関係を構築する上で重要な役割を果たすのです」

ロータスは昨年、「エレトレ」をワールドプレミアし、Vision80 の約束を実現し始めた。ロータスはこの車両の生産を開始し、今年の夏の終わりにはイギリスとヨーロッパの顧客に納車される予定だ。エレトレは、日本でも受注を開始している。



トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/62077/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ