中国のEVメーカー、ハイファイの新型SUV、Yがグッドウッドで欧州デビュー

中国の電気自動車メーカー、ハイファイ(HiPhi)が新モデル「HiPhi Y」を、グッドウッドで欧州デビューさせた。このミッドサイズSUVは、すでに発売された「HiPhi X」と「HiPhi Z」に続く第3のモデルだ。


中国のEVメーカー、ハイファイ(HiPhi)の第3のモデル、Yが正式に発表された。Yは、今年初めにヨーロッパで発売された7人乗りSUVのXと "デジタルGT "のZに続くモデルだ。なんだ、YとかXとか言うから、テスラかと思った…。

この中国の電気自動車ブランドは、先週末に開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで欧州デビューを果たし、ミッドサイズSUVのYをZと一緒に見ることができたのである。

全輪駆動のデュアルモーターバリアントの最高出力は371kW(504ps)、0-100km/hタイムは4.7秒で、大型バッテリーを搭載した場合の航続距離は800kmを超える。バッテリーは76.6kWhと115kWhのオプションがある。

親会社であるヒューマン ホライズンズ(Human Horizens)がなぜアルファベットの後からスタートしたのかはまったくわからないが、鳥の翼のように上部が開くノータッチ自動ドアや、アームに取り付けられたロボット型インフォテインメントスクリーンなど、HiPhi Yは明らかに異彩を放っている。

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの創設者であるリッチモンド公爵は、この近未来的な電気自動車(EV)の個別ツアーを最初に受けたようだ。彼は「広々とした室内と派手なドアに感動した」と伝えられている。さて、私たちも覗いてみたくなった。見た人いる?どうだった?

中国での発売はこれからだが、ヨーロッパの顧客は長く待つ必要はないだろう。年内に見に行く予定を立てておこう。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/07/61773/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ