アストンマーティン DBS 770 アルティメット エディション:V12アストンとは永遠のお別れなのか?

315,000ポンド(5,500万円)
DBSって、昔のアストンマーティンの車名じゃないの?
そう、そして、これが最後の旧世代のクルマだ。新型DB12をご覧になった方は、その味わいたくなるインテリアとボンネットの下に、厳密な8気筒を搭載しているのをご存じだろう。アストンマーティンはそこに向かっているのだ。DBS 770アルティメット(Ultimate)は、これまでと同じ場所にあるものだ。

想像してみよう。パワーアップ、ビクターのホイール、そしてカーボンファイバー?
ちょっと皮肉な話だが、表面的にはそう遠くはないだろう。5.2リッターツインターボV12のターボ圧を高め、キャリブレーションを調整することで、DBSに必要な最後の力強さを手に入れた。標準車は715bhpで、600bhpのDB11が特にウェットコンディションでやや行き過ぎの感があったことを考えると、すでに十分なパワーを持っている。

アルティメットでは、さらに44bhpが追加され、キングとして君臨する、メートル法で770psとなる。トルクが900Nmから上昇しないのは、もしアストンマーティンがこの暴れん坊エンジンを本当に解放したら、8速オートマチックギアボックスが車の後ろからすっぽりと抜け落ちてしまうからだ。

その他、お気づきのように、ヴァルキリーにオプション設定された21インチのスパイダーウェブホイールにインスパイアされ、素晴らしいビクターのワンオフモデルに装着された、華麗で複雑なホイールもある。カーボンファイバー製の小さなエアロパーツ(フロントスプリッターとサイドスカートの変更に注目)は、300台限定のDBSを運転していることを示す唯一の手がかりとなる。

でも、いい感じなんでしょう?
ああ、存在感に欠けるわけではない。DBSは巨大な運河の船だが、そのプロポーションは美しく、フェラーリ 812 スーパーファストやV12のランボが軽蔑とサッカースタジアムの応援席で見られる手振りジェスチャーを引き起こすのに対し、一般の人々はDBSにうっとりと見入っている。

アストンマーティンがどれだけ財務的な嵐を乗り越えてきたかは問題ではない。誰が会社を所有しているのか、車がどれだけ売れているのかも関係ない。イギリス国民は、このクルマに底なしの愛情を注いでいるようだ。普遍的に崇拝される国宝なのだ。アデルの曲を聴きながらドライブするようなもの、といえばいいだろうか。

ただし、DBSの方が音がいい?
V12には、V8では決して出せない高価な多気筒の音をしているが、昔のDB9やヴァンキッシュと違って、ターボチャージャー時代のアストンV12は、それほど音楽的ではない。それでも、アイドリング状態でスロットルをふかすと、イタリア車のような甲高い鳴き声ではなく、陰鬱な渋い唸り声が聞こえ、まるでV12が巨大なカーボンファイバーのクラムシェルボンネットの下から脱出しようとしているかのように、車全体が土台から揺さぶられるのだ。

結局のところ、アストンマーティンのこれまで同じことの繰り返しでしょう?パワーがありすぎて、美しすぎて、ドイツ車みたいな車を作るにはお金が足りないっていう…
鋭いね。賑やかしのブラスバンドを中止し、横断幕を降ろそう。現実には、アストンのクルマって、あまり競争力はなかったんだ。ヴァンテージは911に完敗だったし。ベントレーのコンチネンタルは、現在後継のDB11よりも優れたオールラウンドGTだ。フェラーリは別次元で、生きている世紀が違うって感じ。DBXは実に素晴らしい…しかし、カイエンの2倍も良くない。カイエンが半分の値段で買えるのに。

だからアストンは、DBS アルティメットを標準車よりもう少し力強く、デザインの小物をつけて世に送り出し、そして人生をやり直そうとしても、みんなは許しただろう。しかし、アストンはそうはしなかった。アストンは、この古残の戦闘馬に手を加えたのである。

パワーステアリングは、より良いフィーリングを得るために再調整され、固定用のゴムを減らして、よりしっかりとクルマに取り付けられるようになった。サスペンションの設定(GT、スポーツ、スポーツプラス)も全面的に見直された。そして、誰かが魔術師を雇い、ギアボックスの魔法をかけたようだ。

「これこそ、ずっとそうあるべきクルマだ」なんて言わないで
恐ろしく怠惰な決まり文句であることは承知している。そして、アストンマーティンは、他の誰よりも頻繁にそれを使う習慣がある。しかし、ゼウスの髭のように、アルティメットはDBSを恐ろしく、大きく改良したものなのだ。それはセンセーショナルなものである。

まず、パワーがある。数字(0-100km/hは3.4秒、最高速度は340km/h、でもそれが何?)は忘れて、ただそれを使えるという事実に驚嘆する。ギアボックスは従順だ。トラクションコントロールは慌てず、パニックにならない。しかし、700馬力以上のパワーを路面に伝えるためにDBSが行っていたような、小さな揺れや揺らぎはほとんどなくなっている。第二次世界大戦時の戦闘機エンジンをついに解き放つ自信があるのだろう。

そして、乗り心地だ。すごい。これは、ガタガタ道が多い英国の道路でも世界最高の乗り心地のクルマのひとつだ。他の大型フロントエンジンGTにはない贅沢な乗り心地を提供しながらも、ハンマーを振り下ろしたときにバタバタとたるんだりすることなく、落ち着きとコントロール性を保っている。さらに、硬めのセッティングにすると、落ち着きが増すが、歯が砕けるほど硬いわけではなく、ガラス張りのレース場でしか使えないようなものではない。

だから、パワーを使い、コーナーを楽しみ(ステアリングもより積極的で、楽しいほど鮮明な感触だから)、誇大妄想的な悪役から世界を救おうとしていないときは、落ち着きがあって行儀がいいのである。さらに、近くにいる誰もがあなたのことを大好きになるだろう。これほどいい気分にさせてくれるクルマはそうそうない。もし、数年前にDBSがこのように生まれ変わっていたら。ライバルの人生は、もっともっと厳しくなっていたことだろう。

アストンはよくやった(ようやく)!しかし、315,000ポンド(5,500万円)の価値は本当にあるのだろうか?
この内装では無理だ。申し訳ないが、これはもう古いモデルで、アストンは新型DB12の内装を完全に再設計することで、DBSのインテリアが残念だったことをほぼ認めている。しかし、アルティメットでの一日を台無しにするものがあるとすれば、それはコックピットである。

メルセデスのインフォテインメントを借用したのは、手段のためだった。しかし、アストンが自ら設計したものでさえも、すべてが間違っている。トランスミッションのボタンは役に立たないし、タッチセンサー式のセンターコンソールは使えないし、ダイヤルは許しがたいほど安っぽいし、球根みたいにとんでもなく太いキーを置く場所はないし、電動コンソールリッドは5分間楽しませてくれるが、その後はただイライラするだけだし、グローブボックスはない。視認性も最悪だ。

770の唯一の新機能は、アストンマーティンが「シート」と呼ぶカーボンシェル製の拷問器具が刷新されたこと。乗ってしまえば、とても快適でサポート力がある。しかし、そんなことは気にならないだろう。なぜなら、直腸からカーボン製の固いシートボルスターを取り出すために、航空救急車を呼ぶことになるのだから。けど、この電話はゴミのようなものだから、苦労するけどね。

落胆させるほどのものではないと思うけど…
本当にそうかもしれない。しかし、アストンマーティンは、300台のためにわざわざDBSを再生させたわけではない。この教訓はすべて新型DB12に生かされ、私たちは今、このクルマに大いなる期待を寄せている。本当に史上最高のアストンマーティンになるかもしれない。

ただひとつ、欠けているものとは ?V12だ。そのためには、旧型のアルティメットが必要だ。その最後の姿は印象的で、素晴らしいものなのだ。
スコア:8/10

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/06/60221/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ