新作のキングセイコーは2代目KSKを受け継ぐエレガントなデザイン

1965年の2代目キングセイコーとは

キングセイコーの新作が発売される。この新作は、1965年に誕生した2代目キングセイコー、KSKの洗練されたデザインを受け継ぎながら、薄型自動巻ムーブメントの「キャリバー6L35」を初めてレギュラーモデルに搭載している。価格は418,000円で、発売予定日は7月8日(土)だ。

この新作は、2代目キングセイコーの洗練された美しさが引き継がれている。ベースモデルとなった2代目キングセイコー「KSK」は、ダイヤルのレイアウトに無駄がなく、シャープなケーススタイリングが際立っている。また、ボックス形状のガラスなど、キングセイコーのオリジナリティを確立したデザインも特徴だ。2022年以降、ブランドの復活を果たしたキングセイコーは、シャープかつクラシックなデザインを現代的に表現したモデルを展開してきた。

この新作は、視認性と高級感をさらに高めるために、太く長い3面カットの時分針を採用している。また、大胆な多面カットが施されたケースは、鏡面仕上げとヘアライン仕上げを組み合わせ、オリジナルモデルのデザインを踏襲しながらも、現代的なスタイリングに進化している。

ダイヤルカラーはシルバーとブラックの2種類が用意されており、シルバーモデルは繊細な放射模様が施され、滑らかで上品な質感を表現している。一方、ブラックモデルは、エッジを際立たせたシャープな造形のケースデザインと調和するように開発され、洗練された印象を与える。

さらに、この新作は薄型化も実現している。オリジナルモデルでは手巻式のムーブメントだったが、新作ではセイコーの最も薄い自動巻キャリバー6L35を搭載し、ケース構造と風防を改良することで、さらに0.2mmの薄型化を達成した。

装着感にもこだわった新作は、フラットな多列ブレスレットを採用し、快適な装着感を提供する。また、10種類のキングセイコー専用レザーストラップとも自由に組み合わせることができる。
www.seikowatches.com/jp-ja/products/kingseiko/sdka005
www.seikowatches.com/jp-ja/products/kingseiko/sdka007

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/05/60053/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ