CR-VとHR-Vの中間、新型ホンダ ZR-VはZ世代にアピールできるのか?


ベンテイガのシェアは42%

CR-Vの新型が発表されたばかりだが、それと同時に、ホンダがCセグメントSUVのZR-Vを発表した、。ホンダは、その無限の知恵で、CセグメントSUV、その名もZR-Vを同時に発表することにしたのである。

CR-Vと大型のHR-Vの間のギャップを埋めるために、ホンダはアルファベットのどちらとも交差しない文字に手を伸ばしたのだ。混乱したって?私たちも同様だ。

Z-RVは若者をターゲットにしているというので、おそらくジェネレーションZのことを指しているのだろう。具体的には、スタイルとパワー、実用性など、基本的にすべてを1台のクルマに求める「イメージ重視の若いバイヤー」だ。

ZR-Vは、シビックハッチバックの最新バージョンに搭載されているのと同じハイブリッド技術を使い、2.0リッター4気筒エンジンと2つの電気モーターを組み合わせて、「パンチのある、反応のよい加速」を実現したという。

室内には9インチのタッチスクリーンと複数のUSB充電ポイント(センターコンソールにUSB-Aと-Cを各1つずつ、アダプターとはおさらば!)、さらにフロントにはワイヤレス・スマートフォン充電プレートが装備されている。

ホンダによると、キャビン内にはトレイやポケットがたくさんあり、便利な収納が可能で、リアシートを倒すと1,291リットルの荷室が確保される。また、トランクにはロードパーティション、収納式パーセルカバー、床下収納を備えている。

さらに、上質なソフトタッチ素材や「キャビン内のスタイリッシュな照明」の採用も話題になっている。つまり、「プレミアム」を目指しているのだ。他のみんなと同じように。

「新型ホンダ ZR-Vは、多忙でアクティブなライフスタイルをサポートするために設計され、SUVのラインアップに加わる魅力的なモデルです」と、ラージプロジェクトリーダーの加藤氏は言う。「日常的な機能性、優れた快適性、魅力的なデザイン、スポーティなダイナミクス、そして優れたe:HEVハイブリッドパワートレインを組み合わせたこのモデルは、当社の欧州モデルレンジの完璧な進化形です」

そこで、スタイリングに話を移す。MG4とマセラティ グラントゥーリズモを合体させたような、そんな感じといえばいいだろうか。

ご意見はいつもの場所でお願い。







=海外の反応=
「求めている「すべてのもの」が、高床式の攻撃的に鈍いハッチバックだとしたら、これは完璧なものになりそうだ。マツダの真ん中に、思いつく限り最も形のないノーズとテールを追加したような。これは、何よりもまず米国市場向けのクルマであることに驚きはない。ホンダは何年も前にヨーロッパで失敗してからは、もう私たちのために何も作っていないのだ」
↑「シビックR以外には、おそらく、そうだよね」
「MG4の攻撃的な醜悪さも、マセラティの情熱的な美しさも、何もないのだ。この車は、当たり障りのない、灰色で、無難で、平穏なんだ」
「ホンダ フィットのラゲッジスペースは、座席を倒しても1,205リットルとほとんど変わらないことを、皆さんにお伝えしてもよろしい?」
「CR-Vがお兄ちゃんでHR-Vがちびっこじゃない?」
↑「CR-Vが次世代でパイロットサイズに成長し、7人乗りになるらしいから、これでいいんじゃない?」
「またもや重く、消費量が多く、しかもかなり小さい5ドアハッチバックが30,000ポンド(450万円)超で到着した」
「NAではHRVとして、このようなものを手に入れた。新しい20代のための車だ。ファンキーなフィットをベースにしたものに取って代わった。ホンダは今、2000年代半ばのトヨタだな」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/05/59621/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ