リマッチがテスラのパワーウォールとメガパックの対抗馬を投入




スーパーカーのバッテリー技術を産業用途に活用

聖書と創世記の言葉を借りれば、「はじめに、マテ リマッチは電気自動車E30 BMW 3シリーズとリマッチ オートモビリを創った」

リマッチが初めて自動車会社を設立したのは2009年で、それから14年、リマッチグループは今や絶対的な巨大企業となり、マテはブガッティのボスとして第2の仕事を見つけることができた。悪くない道程だ。

リマッチ テクノロジーは、リマッチ エナジーという会社を設立し、「市場をリードする電気自動車技術の専門性を活かして、次世代の定置型エネルギー貯蔵システム(ESS)を開発する」と述べているように、クロアチアの企業は成長を続けている。

ESSといえば、テスラのパワーウォールやメガパックが有名だ。前者は家庭用の充電式リチウムイオン電池、後者は商業用の巨大なシステムだ。

リマッチ エナジーは、「ユーティリティスケール」のバッテリーパックを生産することで、「商業・産業用途」からスタートするという。ESSの詳細は不明だが、「現在の最先端ソリューションと比較して、システム設置面積を最大40%削減しながら、効率損失を最大50%削減する」ことができるそうだ。銃声が響く。

2025年にクロアチアで量産が開始される前に、2024年にパイロットシステムが導入されるようだ。







=海外の反応=
「アストンマーティンにうまく頼めば、お金さえあれば何でも作ってくれるよ。カラムは一本調子なんだけどね」
「本家より見た目が悪くなった(というか、良くなくなった)ヴァンキッシュVC25と同じなの?」
「ゴージャス」
「めっちゃナイス」
「実車になればほしい」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/05/59343/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ