新型メルセデス・ベンツ Eクラスには電気のみの航続距離100kmのPHEVも




エグゼクティブ4ドアの雄、Eクラス

「クラシックな3ボックスサルーンのプロポーション」が終わるかもしれない、という一部報道があった。だが、そうではなさそうだ。なぜなら、その特徴を持つ新しいクルマが登場したから。未来の高級タクシー、メルセデス・ベンツの新型Eクラスへようこそ。

新型Eクラスは、世界中で100万台以上販売されている重要なクルマだ(メルセデスによれば、「1946年以来、1,600万台以上のアッパーミッドレンジ車が販売された」とのこと)。そのため、新車発表会では、Sクラスの弟分に多くの注目が集まることだろう。

メルセデスEQのアバンギャルドなトレンドセッターへの架け橋になる」と言われるそのニューフェイスに、まず目が行く。この新しいデザインは、ヘッドライトとフロントグリルをつなぐグロスブラックの表面によって実現されている。フロントグリルは2種類のデザインから選べ、イルミネーションも選択可能だ。もっとも、後者の後者はやらないほうがいいけどね。

そこから奥に進むと、「E」の新しい「パワードーム」ボンネットに行き着く。さらに奥に進むと、新型Eクラスは先代よりも長く、広くなっており、そのラグジュアリーさを表現していることに気づく。リアライトは、スリーポインテッドスターをモチーフにしたファンキーなデザインに変更されている。

大型化したが、エアロ効率はよくなっている。EQシリーズで培った効率性をメインストリーム製品に反映させたのだ。フロントは、ボンネットに新しいシーリングが施され、各ホイールの前方には新しいスポイラー、より良い形状と素材構成の新しいアンダーボディ、そしてボディ全体の「最適化された」輪郭が特徴だ。その結果、空気抵抗係数は0.23となった。これはいいことである。各モデルに搭載されたISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)のおかげで、すべての内燃機関がマイルドハイブリッドになっているからだ。

英国仕様のエンジンの詳細については、今後の発表をお待ちいただきたい。Eには、2.0リッターガソリンのE200(200bhp)、2.0リッターディーゼルのE220d(195bhp、4WDを選択可)、2.0リッターガソリンプラグインハイブリッドのE300 eとE400 eが用意されている。6気筒のディーゼルエンジンも後日ラインナップに加わる予定だ。いずれも、より軽く、より洗練された新しい9速のメルセデスオートマチックギアボックスに接続されている。

さらに、「e」のバッジを付けたハイブリッド車は、従来よりも電気のみの走行距離が長くなるようだ。実際、これらの車のモーターのみによる航続距離は100kmとされており、平均的な毎日の通勤距離のおよそ2倍に相当する。このクルマはメルセデスの「第4世代」ハイブリッドセットアップの一部で、より優れた回生ブレーキ、ブレーキ「ブースター」、より大きな25.4kWhバッテリーを備えている。

シャシー全体はスチールスプリングサスペンションで支えられており、マイルドハイブリッド車(E200/E220d)はPHEVモデルより15mm低い位置にある。また、連続可変ダンピングとリアアクスルステアリングを備えたエアサスペンションもオプションで用意されている。エグゼクティブベンツというからには、膨大な数のコンピュータパワーとアクティブアシストが搭載されているはずだ。もし、あなたが激しくくしゃみをしたら、Eはそ察知することができる。

ただし、中央のディスプレイに設置されたMBUXの「スーパースクリーン」(オプション)に向かって、くしゃみはやめよう。前モデルから大幅に刷新された、徹底的にモダンなキャビなのだから。ドライバーの前方にはデジタルダッシュがあり、センターディスプレイと混在して、車の前方全体に沿ってスイープ/フローティングするダッシュになっている。ダッシュのアウトラインもライトアップされているため、前車よりもすっきりして、少しは落ち着きがあるように見える。室内空間は以前よりも広くなっており、「Sクラス並み」とメルクは言いますが、トランクルームも広くなっている。

さらに、センターディスプレイでAngry Birdsをプレイしたり、TikTokを延々スクロールしたりと、さまざまな新しいアプリケーションを利用することができる。さらに、自撮りカメラも搭載。実際に自撮りするためではなく、静止しているときに(Zoomを使って)ビデオ会議ができるのだ。さらに、一部の市場では、フィルターによる「インテリジェントブロック」によって、助手席の人がドライバーの邪魔をすることなくディスプレイのコンテンツを見ることができるようになっている。

50年後、このクルマが走行距離160万km走れるミニキャブになったときにも、未来の乗客にとって便利な機能が残っているだろう。その前に、このハンサムな新型3ボックスサルーンについて、あなたはどう思う?





=海外の反応=
「もう完全にクルマの見た目を変えることを諦めたのだろうか。正直、Sクラスと道で会っても区別がつかない」
↑「今更?昔から似てるよ」
「ハンサムな新型メルセデス・ベンツ Eクラス?むしろ、ジェネリックのようなものじゃない?」
↑「今の時点では、そのジェネリックの方が、BMWよりいいかもしれないよね」
↑「新型5シリーズがもうすぐ来るよ?」
↑「本当に、ひどい姿にならないことを*本当に*願っています…」
↑「BMWの最近のデザインは、XM以外は好きなんだけどな。私が変なのかもしれないが」
「まあ前のEクラスとそんなに変わらないんけどね、 BMWデザインスタジオがいかに混乱しているかを考えると、これは実際、良いと思う」
「BMWやAUDIがサルーンに偽の通気口や偽のエアロをあちこちに付けているのに対して、メルセデスはエクステリアをシンプルに保っていることに賞賛を送りたい。メルセデスはエクステリアをシンプルにした」
「私は外観が好きだ。もちろん、この主観的な問題に対するあなたの意見は自由。この空力的なデザインでありながら、無機質でもなく、ギミックでもない、ゴルディロックスのようなデザインを高く評価している。
インテリアについては…現時点では判断は保留。スクリーンは、写真で見ると「安っぽい」けれども、実物は「まぶしい」ものだと思うので、実物はポジティブなサプライズなのかもしれないね。歴代機で気に入らないのは、グラフィックの見た目が無機質だと感じること。私たち北欧の人々のために、設定でトーンダウンしたオプションがあることを望む」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/04/59171/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ