最後のDBS、アストンマーティン DBS 770 アルティメット ヴォランテはもちろん完売


300台のクーペと199台のヴォランテからなる499台

アストンマーティンDBSヴォランテは、これまで馬力が足りないと感じたことは一度もなかったけど、ここに来て、極めてパワフルな最終モデルのコンバーチブルを目の当たりにすることになった。アストンは、DBS 770アルティメットヴォランテの最初の公式画像を公開した…けど、このホイールは賛否両論、意見が分かれるだろう。

とはいえ、5.2リッターV12ツインターボのオープンエアチケットを手に入れることができるのは、とても素晴らしいことだ。アルティメットとは、もちろんアストンとDBSとの決別であり、300台のクーペと199台のヴォランテからなる499台のことである。そして、すべての車両は完売している。

その理由を知るのは簡単だ。アルティメットには、ブースアップトされているアストンのV12が搭載され、最高出力は715bhpから759bhpに、最大トルクは1,800rpmから5,000rpmの間で900Nmに増強される。このパワーアップは、空気と点火経路の調整と、ブーストの増加によってもたらされたものだ。正確には、7パーセントのブーストアップである。

V12は、より迅速なキャリブレーションを施した8速オートマチックボックスと組み合わされ、リアアクスルのデフにパワーを送り込みる。しかし、このサイズの車であれば、0-100km/h加速3.6秒は十分な速さだ。

しかし、ガタイがいいよね?馬蹄形のボンネットベント、新しいフロントスプリッター、新しいリアディフューザー、大量のカーボンファイバー、そして21インチホイール(興味深いことに、アストンが十分な性能を持っていると言う、通常のDBSヴォランテのブレーキが隠されています)。さらに、ステアリング、フロントエンドの剛性、アダプティブ・ダンパーにも手を加えるなど、より本質的な変更が加えられている。

「象徴的なモデルの世代が生産終了を迎えるとき、何か特別なものでその機会を祝うことは重要です」と、アストンの技術ボス、ロベルト フェデリは1月に語っている。「トランスミッション、ステアリング、サスペンション、アンダーボディ構造の包括的な改良により、我々の歴史の中で最も速く、最もパワフルなDBSであるだけでなく、運転するのにも最高です」




=海外の反応=
「何かを皮肉るかのようにドラマチックに表現しているように見える」
「このホイールは、「最も汚れが落としにくいホイール」として表彰される」
↑「確かにそうかもしれないが、私はこのハニカムのリムスタイルがとても好きだ。エアレスハニカムホイールを思い出させるし、このフロントマウントは最近のBMWの鼻の穴よりまだマシに見える」
「もし、フロントバンパーを1枚の口ではなく2枚のグリルに変え、ホイールをもう少しエレガントにし、フロントホイールの後ろの奇妙な切り込みを取り除き、リアのスタイリングにこだわれば、ゴージャスになったかもしれないのに。そのかわり、ヴァンテージのような「もっと良かったかもしれない」デザインになってしまった。
少なくとも、このクルマを「スーパーレッジェーラ」と呼ぶことはもうないだろう」
「こんなに最後、最後を長引かせるんだ。みんな、これを懐かしむのだろうか?前のDBSはそうだったけど。これは?いや、そうではない」
「実は大好きなんだ(ホイール込みで)」
「フロントグリルが大きすぎて、まるでウバザメのようだ」
「BMWの雰囲気を感じるんだけど、残念ながら現代のBMWの雰囲気って意味で」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/04/58544/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ