最後のジャガー Fタイプが日本でも1,043万円から受注開始

ジャガー Fタイプの最後を飾るモデル

ジャガー Fタイプの最終ランとなるモデルについては、以前触れたとおり。75年にわたるジャガーのガソリンエンジン搭載スポーツカーの歴史に幕を下ろすことになった。そして、このジャガー F-TYPE 2024年モデルの受注が日本でも開始された。

2024年モデルは、1948年の「XK120」から始まったジャガースポーツカーの歴史が75年目という節目を迎えるモデルイヤーであると同時に、内燃機関を搭載した最終モデルとなる。75周年を記念し、「F-TYPE 75」(クーペ、コンバーチブル)と「F-TYPE R75」(クーペ)の2つのグレードも設定し、エクステリアブラックデザインパックやインテリアブラックパック、LIMITED EDITIONインストルメントパネルフィニッシャー&トレッドプレートなど特別な装備を採用している。

エンジンタイプは、2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(P300:最高出力221kW/300PS・最大トルク400Nm)、5.0リッターV型8気筒ガソリンエンジン(P450:最高出力331kW/450PS・最大トルク580Nm、P575:最高出力423kW/575PS・最大トルク700Nm)の3種類で、全4機種を展開するほか、エクステリアカラーにジオラグリーンを追加。20インチ"スタイル5060"アロイホイール(グロススパークルシルバーフィニッシュ)の標準化(「F-TYPE R-DYNAMIC」)、75周年記念グレード「F-TYPE 75」「F-TYPE R75」を設定するなど、特別感のある仕様となっている。また、エクステリアブラックデザインパックも用意されている。

ラインアップは下記の通り。気になる人は、早めに問い合わせしておこう。

2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン搭載モデル
最高出力:221kW/300PS 最大トルク:400Nm
F-TYPE R-DYNAMIC P300 COUPÉ 10,430,000円
5.0リッターV型8気筒ガソリンエンジン搭載モデル
最高出力:331kW/450PS 最大トルク:580Nm
F-TYPE 75 P450 COUPÉ 15,890,000円
5.0リッターV型8気筒ガソリンエンジン搭載モデル
最高出力:423kW/575PS 最大トルク:700Nm
F-TYPE R 75 P575 COUPÉ (AWD) 17,900,000円
5.0リッターV型8気筒ガソリンエンジン搭載モデル
最高出力:331kW/450PS 最大トルク:580Nm
F-TYPE 75 P450 CONVERTIBLE (AWD) 18,330,000円

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/03/57942/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ