ベントレーが1953年のゴージャスなR-Type コンチネンタルにインスパイアされたワンオフのコンチネンタル GT アズールを製作



1953年は、さまざまな理由から特別な年だった。エリザベスが女王に即位し、エドモンドヒラリーとシェルパ テンシングがエベレストに登頂し、自動車業界はベントレー R-Type Continentalに「こんにちは」と声をかけたのだ。今年で70周年を迎えるベントレー Rタイプコンチネンタル、JAS 949は、最新のコンチネンタル GTのワンオフハンドクラフトモデルを発表した。

ベントレーが所有するJAS 949プレスフリートのクラシックカーからインスピレーションを得て、ベントレー コンチネンタル GTアズールは「オールドイングリッシュホワイト」にハンドペイントされ、50年代のアイコンのブライトワークを模したクロームでアクセントがつけられている。

インテリアはオリジナルの特徴を再現し、「クリケットボール」レッドレザーシートと、JAS 949のパテント仕上げを模した美しいコントラストのオープンポアのバリ・ウォールナット化粧板が採用されている(ワックスのような最終外観を出すために極薄のラッカーを3層だけ使用)。

もちろん、素晴らしい外観だけでなく、マッサージシート、デカップリングアンチロールバー、ドライバーアシスタンスシステムなど、ベントレーの特徴をすべて備えたキャビンだ。また、ヘッドアップディスプレイ(HUD)や、赤外線を使用して暗闇で他の道路利用者を検知するナイトビジョンなどの技術キットも搭載されている。

ベントレーは初代R-Type Continentalを「長距離を走破する現代の魔法の絨毯」と呼びた。1952年の発売当時、4人乗りの中で最速のクルマであったことも確かだ。このアイボリー&レッドレザーの個体は、1953年12月にスイスの最初のオーナーに引き渡された。1955年にR-Typeの生産が終了するまでに、わずか208台が製造されたに過ぎない。

JAS 949は、オリジナルの4.6リッターエンジンを搭載しており、当時の最高出力は155ps、平均の最高速は191.11km/hだった。少し大きめの22インチホイールを履いたコンチネンタル GTアズールは、4.0リッターツインターボV8 TSIエンジンから550psのパワーと319km/hの最高時速を発揮する。

あなたなら、どちらを選ぶ?





=海外の反応=
「古い方が美しいと思う。 でも、旧車好きの友人が乗っているランチア フルビアは運転がしにくいと言っていた。それはどんな古い車にも言えることだけどね。
だから、もし私が選ぶとしたら…。やっぱり古いのを買って、それを売って、まともに乗れるものを買って、早期退職を楽しみたいね」
「派手な塗装なんだね。いいぞ!」
↑「特別なバッジをお忘れなく!」
「ベルリンのタクシーバター色のベントレーがずっと欲しかったんだー」
「古英語の白。ベージュでしょ?」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/01/56869/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ