フェラーリ、WECとル・マン参戦のフェラーリ 499P ハイパーカーのドライバー公開 元F1のアントニオ ジョビナッツィも



いや、これは『ハウ・アイ・メット・ユア・マザー』のバーニーへのオマージュではない。今年のル・マン24時間レースで、半世紀ぶりにフェラーリを耐久レースの頂点に返り咲かせるために、この6人のドライバーに託されたのである。さあ、そろそろスーツに着替えよう。

左からミゲル モリーナ、ニクラス ニールセン、アントニオ フオコで、2023年の世界耐久選手権を戦う50号車、アントニオ ジョヴィナッツィ、ジェームズ カラド、アレッサンドロ ピア グイディで51号車が組まれている。

ジョビナッツィは、2018年にGTE Proクラスでル・マンにデビューし、3年間のF1経験をチームにもたらす。もちろん、フェラーリのドライバーとして。

「499Pのデビューは、プリンシングホースの歴史における決定的な瞬間となり、この特別な瞬間に参加できることは、私にとって大きな名誉です」と、イタリア人は語った。「私たちは、大きな責任を負っていることを謙虚に受け止めながら、自分たちの強さを自覚し、この大きな挑戦への準備を整えています」

彼はもう一度、そう言うことができる人物だ。1965年に250LMが優勝したのを最後に、フェラーリは58年間ル・マンを制していない。フォード GT40が参入し、エンツォ爺さんと彼の愛するフェラーリをその座から引きずり下ろすというドラマからずっと。フェラーリをトップに返り咲かせるのは簡単なことではない。

トヨタ、グリッケンハウス、プジョー、ポルシェ、キャデラックがサルテサーキットの舞台で栄光をつかみ、2024年にはさらに多くのライバルが参戦する。

「7月の499Pの最初のシェイクダウン以来、我々はフェラーリファミリーのドライバーを巻き込んでノンストップで仕事をしてきました」と、フェラーリGTスポーツ活動の責任者であるアントネッロ コレッタは説明する。「ドライバーの決定は、参戦レースだけでなく、チャンピオンシップ期間中の成長にも関係しているのです」

「速さだけでなく、開発力や一貫性など、彼らに求められるものが明確になっています」

499Pは3月のセブリングでデビューする予定だ。楽しみかな?




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/01/56575/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ