航続距離700km!フォルクスワーゲン ID.7のセダンがポップなカモフラで初公開



フォルクスワーゲンは今週末、ラスベガスで開催されるConsumer Electronics Showに、ちょっとしたサプライズを携えて登場する。すなわち、次期ID.7セダンの初公開だ。

その塗装をご覧いただきたい。VWはこの新しいオールエレクトリックサルーンの外観を、40層の塗料を使ったエレクトロルミネセント カモフラージュと呼ぶもので覆い、その一部を電化してID.7独自のライトショーができるようにした。

しかし、このギミックは、ID.7が登場するときには、おそらく標準装備されないだろう。 ID.7は、今年の第2四半期に生産が開始されると聞いている。VWグループのMEBプラットフォームを採用し、パワートレインの詳細はまだ不明だが、航続距離は700kmと予想されている。これは、すごいよね。

VWの大ボス、トーマス シェーファーは「新型ID.7で、私たちは電気自動車のモデルレンジを上位セグメントにまで広げます」と語っている。

「このセダンは、トップクラスの技術と品質を提供します。ID.7は、私たちが2026年までに発売を予定している10種類の新型電気自動車のうちの1つです。私たちの目標ですか?あらゆるセグメントにおいて、お客様に適した製品をお届けすることです」

フォルクスワーゲンはまた、ID.7のインテリアについて、「顧客の声に応えた」とも述べている。つまり、拡張現実型ヘッドアップディスプレイ、15インチの中央インフォテインメント・スクリーン、「インフォテインメント・システムの第一階層」にあるエアコン制御、照明付きタッチスライダーが採用されることになるのだ。ボタンではないが、これは使いやすさへのスタート地点だ。

インターネットのみなさん、ここまでの情報ではどうでしょ?




=海外の反応=
「VW は嫌いだが、VW と Ioniq6 の間のテストを見たいと思っている」
↑「特にドイツの他の*他の*自動車会社が最近生産しているものと比べると、かなり良さそう」
「それはまるで、BMW と VW のデザイナーが 2017 年にお互いに賭けをしたようなものだ。BMW側の人間は、誰もが想像できないような最も恐ろしい車を設計し、それでも大量に売れると賭けたが、VW のデザイナーは、まったく逆のことができると賭けた。 そして、非常に退屈で単調で無害な車を設計しているため、本質的に存在しなくなるだろう…それでも、たわごとのt(トン)レベルのクルマを販売している!
私は新しいヒュンダイ、キアズ、ポールスターが好きだが、私にとっては、それらすべてが素晴らしい仕事をしたというよりも、既存のメーカーがドアを大きく開け放し、彼らを招き入れたということに意義があると思っている。 Ioniq や EV6 よりも、 ID や iX を欲しがる 13 歳のフェラーリ ファン ボーイが抱いているバッジの忠誠心があるのだ」
↑「VWがアッパーセグメントだと言うとき、電動のフェートンってこと?」
↑「これがパサートの後継であり、930万円を超えるパサートを簡単に指定できる時代に、すべてのオプションをチェックすると、これは恐ろしくフェートンの価格に近づく一台だろう」
↑「待って、930万円を超えるパサートの仕様を指定できるか?

*VWコンフィギュレータをチェック*
*米国ではもうパサートを販売していないことに気付かされる*
*泣く*

*vw.deに行く*

できた。結局、私はそれを1,200万円以上で手に入れた」
「ええ、フルオプションで可能で、最近の価格は上昇しているけど、1,200万円もあれば、VWパサートのフルオプションよりも優れたものを手に入れることができるよ…」
「ID.5 は6,000ポンド(660万円)なので、70 ,000ポンド(930万円)が妥当な見積もりのよう妥当な金額かどうかは個人の判断)」
↑「パサートの後継機にしては小さすぎる。とにかく、新しいICEパサートが今年発表される」
「重そうだな…」
↑「他のエレクトリックサルーンも、みんあそうだけど…」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/01/56518/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ