アルファ ロメオのスーパーカー、6Cがどうやら2023年に登場するらしい


アルファ ロメオは2023年に大きな計画を持っているようだ。アルファでは以前から、何らかの形で新しいスーパーカーやフラッグシップの製作が噂されていたが、新年を迎えるソーシャルメディアの短い動画で、2023年にそれが見られることが確認されたようすなんだよ。万歳!

この動画はこちらからご覧いただけるが、私たちの解釈では、最後のフラッシュは次期スーパーカーのリアライトシグネチャーのようなものだと見ている。6Cと名づけられるという噂だが、あの赤いフォルムに6とCの文字が見える方はいらっしゃる?ちょっと拡大解釈かもしれないが、私たちが興奮するのも無理はない。

「2023年のトップ23台」ギャラリーでも、アルファのスーパーカーを紹介し、これから始まる太陽一周の旅で注目すべきものを紹介したが、今回の確認は、素晴らしいニュースとなった。

ガソリンか電気かハイブリッドかはまだわからないし、スポーツカーかスーパーカーかハイパーカーかもわからないが、旧型スーパーカー「8C」を何らかのかたちで踏襲しているのであれば、ぜひとも欲しいところだ。

そして、アルファ ロメオ ジュリアSWB ザガートのようなワンオフモデルよりも数台多く生産されることを期待したい。






=海外の反応=
「マセラティMC20にアルファのボディを乗せたものになる」
「せめてハイブリッドに期待」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/01/56512/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ