Hyundaiの1974年ポニー コンセプトはもうない ならばジウジアーロが再生させようじゃないか



Hyundaiは、ポニー クーペ コンセプトを最初にデザインした人物、ジョルジェット ジウジアーロの協力を得て、過去にさかのぼってオリジナルのポニー クーペ コンセプトを再構築する予定だ。あなたも、ジウジアーロという名前は聞いたことがあるかもしれない。

しかし、このプロジェクトは、1974年のトリノモーターショーに出展されたあのクルマが廃車になったからでも、また、Hyundaiが世界的な幸運のきっかけとなった車を作り直そうとしているからでもない(すでにやっているからね)。そうではなく、そのクルマが、まあ、「もう存在しない」からである。

理由は不明だが、おそらくHyundaiの最も重要な遺産はこの世に存在しない。そこで同社は、後世のために、この古典を書いた人物にもう一度やってもらおうと考えているのだ。そして今回は…、彼の息子も一緒に参加する。さらに正確に言うと、イタリアのデザイン会社GFG Style、これは創業者のジョルジェットとファブリツィオのジウジアーロ父子と協力するということだ。

「オリジナルのポニーとポニー クーペ コンセプトは、1台だけでなく複数の市販車やコンセプトカーのデザインに影響を与えた稀有な作品です」と、ヒュンダイのEVP、イ サンヨプ(SangYup Lee)は述べている。「オリジナルのコンセプトカーはもう存在しないので、私たちはジョルジェット ジウジアーロに依頼し、私たちのデザイン哲学である「レガシーで未来を形作る」ことに基づいて再構築したのです」

1974年、Hyundaiがまだ自動車生産の初期段階にあったとき、同社の幹部はジョルジェット・ジウジアーロと連絡を取り、Hyundai初の独自モデルでもあり、韓国初の市販車のデザインに携わることを提案した。当時の韓国は、自動車のデザインとスタイリングの能力に乏しかったため、Hyundaiはジウジアーロにデザイン、設計図の作成、5台のプロトタイプの制作を依頼し、そのうちの1台がクーペだった。デザインとプロトタイプの過程で、Hyundaiはトリノモーターショーにポニーとポニークーペを出展し、世界市場へのブランドデビューをアピールすることにした。

V字形のノーズ、円形のヘッドランプ、折り紙のような幾何学的なラインを備えたポニークーペは、北米やヨーロッパ向けのモデルでしたが、世界的な経済不況の中で量産直前の1981年に計画は中止された。

当時、このコンセプトは未完の夢となったが、その大胆な精神は、1975年から1990年まで世界中で販売されたポニーの名で呼ばれるHyundaiの最初の独立生産モデルに直接影響を与え、韓国の自動車産業に弾みをつけるのに貢献した。ポニークーペコンセプトは、Hyundaiのヘリテージの重要な部分であり、創業者である鄭周永(チョン・ジュヨン)のビジョンを象徴する車でもある。

創業者の鄭は、ポニークーペコンセプトとその後のポニーラインアップにより、前向きな考え方、大胆なリーダーシップ、確固たる信念、不屈の努力で韓国の自動車産業の道を切り開く。彼のリーダーシップにより、韓国は戦争の苦難を乗り越えて、20世紀後半には経済大国となった。

また、このコンセプトデザインは、1983年にデビューし、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985~90年)で使用されて有名になったジウジアーロのDeLorean DMC12に大きなインスピレーションを与えた。

ポニーとポニークーペコンセプトのインパクトは、今でも感じられる。Hyundaiは、2019年に初代ポニーからインスピレーションを得て「45」コンセプトカーを開発し、2年後にデビューしたIONIQ 5に直接影響を与えた。

また、2021年には、初代ポニー市販車をレストモッドEVコンセプトとして再現した。そして2022年、Hyundaiは再びクーペコンセプトを取り入れ、水素ハイブリッドのN Vision 74「rolling lab」開発車両を発表し、人々を魅了する。

これが1974年の車の正確なレプリカを意味するのか、それとも現代のHyundaiの足回りを持つそのシルエットを意味するのか、あるいは142km/hを出すことのできるタイムマシンを意味するのかは、まだわからないままである。2023年春、ヒュンダイはGGの完成車を発表する予定だ。

ジウジアーロは、「私がHyundai ポニーをデザインしたのは、まだキャリアをスタートさせたばかりの若手デザイナーの頃でした」と語る。「これから熾烈なグローバル市場に挑戦する企業や国のために、自分がクルマを作るということに、大きな誇りを感じていたのだ。今、Hyundaiから、後世のために、そしてブランドの遺産を称えるために、この車を再建するよう依頼されたことを、私は深く光栄に思っているのです」

さあ、そろそろ時間だ。



ジムもセルフエステも24時間使い放題で月額3,278円(税込)のchocozap

=海外の反応=
「うわー、驚いたことにオリジナルのロータス エスプリのコンセプトに似ていた…。てか、どちらもジウジアーロが担当していたことを考えると、それほど驚くことじゃないかも」
「彼らは最初のレプリカを作成してキープすることはできる。けれど、限定シリーズを作成することを決定した場合は、確実に完売だ。オリジナルのヒュンダイ ポニーのこのレプリカは、コレクターだけでなく、PS5と同じくらいの速さで売れるんだ…」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/12/55814/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ