イーロン マスクが電動トラック、テスラ セミの航続距離が805kmと発表



今年8月、イーロン マスクは、テスラ セミのトラックが2022年までにようやく顧客に納車され始めると発表した。そして今回、満タンに充電されたセミが1回の充電で500マイル(805km)の走行に成功したと主張している。

この500マイルという数字は、セミが2017年に発表されて以来、テスラの目標となっており、マスクはTwitterで(当たり前だが)、あるチームが車両総重量81,000lbs(36,740kg)で走行を完了したと述べている。

現在、米国における運搬車の最大重量制限は80,000lbs(36,287kg)だが、電気トラックメーカーは、EVのハードルを上げることについて議員たちと協議しているところだ。

セミの目標航続距離を達成するために、どのようなバッテリーを使用しているかはまだわかっていないが、顧客が米国の道路に乗り出す前に、イーロンがもっと明らかにしてくれることを期待している。

どうだろう、インターネットの皆さん?運送業界は大きな変化を遂げようとしているのだろうか?



ジムもセルフエステも24時間使い放題で月額3,278円(税込)のchocozap

=海外の反応=
「10ポンドの貨物を運ぶことしかできない。残りの79990ポンドは純粋なバッテリーの重量だ」
「みんな、この人に耳を傾けるのをやめた方がいい。熱い空気だけが彼に満ちているんだ」
「ボルボは、500kwh のバッテリーを搭載した電動セミトラックをリリースしたばかりだ。だが、航続距離はわずか200マイル(322km)。このテスラが 500 マイルを走行する場合、おそらく 1000kwh が最小だ。電池だけでも結構な値段になる」
↑「テスラ セミの他にも、米国市場向けに利用可能なこれらのセミトラックもある(長いフードを完全に伸ばしたキャブ) :
Nikola TRE -350 マイル、Volvo VNR -275 マイル、Mercedes e-Cascadia -250 マイル、Bollinger-Motors も稼働中 & Freightliner、Neuron Torq がパイプラインにあり、ヨーロッパ市場向け (ショートヘッド キャブオーバー フォワード) がある。 Mercedes eActross、Volvo FH、DAF LF/CF、BYD、MAN、Scania、Renault ZE、Volta Zero、SAIC、ISUZU、SEA 300/500 (オーストラリア市場向け) & Triton EV (インド市場向け)…」
「私は彼の言うことは何でも鵜呑みにしないようになってる…」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/11/55715/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ