雨の中の日本GPの勝利で、マックス フェルスタッペンが2022年のF1世界チャンピオンに輝く



ほんの一瞬、F1全体がひとつのハーモニーを奏でたが、それは単純な算術の音だった。どうやら2位のシャルル ルクレールから約0.5分の差をつけて勝利を収めた勝者、マックス フェルスタッペンも困惑しているようだ。

「でも、僕は違いますよね?そうなの?本気?」とクールダウンルームで尋ねた。その通り、マックス、君は正しい。このオランダ人ドライバーは、これで正式に(計算が合っていれば)2度のF1ワールドチャンピオンになったのだ。

フェルスタッペンにタイトルをもたらしたのは、最終ラップの最終シケインでのルクレールのミスだった。ルクレールはペレスのすぐ前を走っていたが、アドバンテージを得たとして5秒のペナルティが科せられた。

ルクレールの獲得ポイントは少なく、レースが再開されたことでF1はフルポイントを与え、フェルスタッペンがタイトルを獲得することになった(決定的だったのは、レース距離が予定の半分を超えてしまったこと)。

時間の問題だったのだろう。ルクレールも、2022年の偉大なライバルが優勝したことを知った後、ジョニー ハーバートとのインタビューの途中で、そう認めていた。最初の十数レースは手に汗握るバトルが繰り広げられたものの、その後はフェルスタッペンとレッドブルがルクレールとフェラーリに逃げ切られることになった。

エイドリアン ニューウェイが設計した史上最高のF1マシンの証しである。14勝(フェルスタッペン12勝、ペレス2勝)と、ウィリアムズFW14B(10勝)、マクラーレンMP4/13(9勝)をしのぐ勢いだ。フェルスタッペンは1年を通して素晴らしい走りを披露し、ほとんど失敗することなく、レースごとに安定したペースを発揮した。

日本GPでは、ルクレールをわずか0.01秒差で抑えてポールポジションを獲得したが、雨のグランプリが始まるとすぐにモネガスクのプレッシャーにさらされることになった。フェルスタッペンは何とかトップをキープしていたが、上位陣の背後は混沌としいた。ベッテルは最後の日本GPでスピン、サインツはクラッシュ、アルボンはマシントラブルでリタイアと、レースは1周もしないうちに赤旗が提示された。

その時、論争が起こった。ピエール ガスリーがピットに戻ろうとしたとき、回収用のトラクターがコース上にあり、そのスピードはかなりのものだった。ピエール ガスリーは、無線で怒りをあらわにした。彼は、2014年に鈴鹿で起きたジュール ビアンキの死亡事故を引き合いに出して、「何が起きたか思い出して、こんなこと信じられない」と言った。ランド ノリスは「受け入れられない」とツイートしている。

2時間のディレイの後、レースは再開され、フェルスタッペンがスプリントしてトップに立ち、12周目までにルクレールとの間に6秒のギャップを刻んだ。18周目にはファステストラップを記録し(後にアルファ ロメオの周関羽が記録)、最終的にはペレスと2位争いをしながらフェルスタッペンがラインを通過した。

フェルスタッペンはレース後、こう語った。「レースをすることができて本当にうれしい。僕らの運転は本当に大変だった。クルマは飛んでいたよ。ホンダの皆さんと日本のファンの前で、このようなレースができたことはとても特別なことだ。この成功に貢献してくれたすべての人に感謝している。2つ目のタイトルは、このようなシーズンだったからこそ、より美しいものになった」

チームメイトのペレスもこう付け加えた。「僕ら全員にとって大きな一日だ。確かに素晴らしかったし、この勢いをシーズン終了まで持続させなければならない」

ニューウェイは、F1のベストドライバーたちとマックスの比較について聞かれると、こう答えた。「一番大きいのは、みんな違うということだ。マックスの反応とマシンコントロールは本当に素晴らしい。それが彼を特別な存在にしているんだ」

その点では、彼は特別な才能の持ち主であることは間違いない。


=海外の反応=
「マックスは最高によくやったが、非常に有望なシーズンはかなり横ばいだった。まともな競争とメルセデスが彼らのマシンを台無しにし、フェラーリが技術的な問題と貧弱な戦術でそれを台無しにした」
「同意」
「リラックスしてよ、今年がマックスの年であることは明らかだったよ。とにかく彼はWCに勝つだろう」
「いつ、どこで、という問題ではなく、トラックの中でも珠玉の鈴鹿で本当に良かった。マックスおめでとう。そして残りの4レースを楽しみにしている。ランキングの他のポジションをめぐる多くの戦いを」
↑「最後の 4 レースはもはや重要ではない。ドライバーのチャンピオンシップが決定され、マニュファクチャラーのチャンピオンシップが終わったのと同じくらい良い。残りのチームは今、スクラップのために戦っている」
↑「ピーターソン氏が言ったように、まだ多くの戦いが残っている。フェラーリ対メルセデス、アルピーヌ対マクラーレン、すべてのポイントが重要だ、オースティン、メキシコシティ、サンパウロ、3 つの素晴らしいトラックはすべて、適切なホイール トゥ ホイールの戦いが見られるはず」
↑「アルピーヌとマクラーレンの戦いはシーズンの終わりまで続くけど、フェラーリには失敗してメルセデスに追い抜かれる可能性がまだあることを忘れないで。また、アストンマーティン、ハース、アルファ ロメオ、アルファタウリはすべて解体されたようなもので、どのチームがどこで終わるかは誰にもわからない。ウィリアムズとレッドブルはただリラックスするつもりで、大丈夫だ」
「F1嫌いな人がここに来た。 FIAに問題があることは間違いない。しかし、フェルスタッペンとレッドブルが今年最高であることも間違いない。これはFIAのおかげではない」
↑「あなたのような人たちは、過去 9 年間のメルセデスの支配について毎レース不満を漏らしていたと思うよ」
↑「実際、私はずっと以前から F1 について不平を言ってきた。フェラーリのパレードの時代にさかのぼる。 2つか3つのチームだけがレースに勝つ現実的なチャンスを持っている限り、そしてほとんどのレースがコース上のリーダーの交代がない限り、F1は昔のグランプリ時代のほんの一部であり続けるだろう」
「代わりにLMDhをテレビで放映してくれないかな」
↑「2023-2024年のルマン24hシリーズが待ち遠しい」
「このレースは、FIA のおかげでもう 1 つの茶番劇だった。昨年、彼らは雨天のルールを変更し、中断/短縮されたレース中に誰かが獲得できるポイント数を減らした。今回は完全に無視し、フルポイントを与えた-レッドブルの利益のために。
彼らはまた、レッドブルの利益のためにルクレールを彼のインシデントで非常に迅速に罰し、レッドブルの利益のために、より厳しいペナルティの代わりに実際にノリスと衝突しそうになったことに対してマックスに「叱責」を与えることを決定した。
そして実際には、ガスリーが赤旗の通知を受け取ったときに明らかにスロットルを離し、トラック上にあるトラクターと衝突しそうになったにもかかわらず、赤旗の状態でスピード違反をしたことでガスリーにペナルティを科すという残忍さを持っていた。まったく同じ理由で、ジュール ビアンキが残酷に命を落としたのと同じトラック。
間違いなく、レッドブルも予算上限を超えたという精査を免れるだろう。FIAはそれについてまったく言及しないか、数年前のフェラーリのバッテリーの大失敗のように、「密室で和解に達した」のようなことを言っている。
私の知る限り、FIAは公正で偏りのない決定を下す組織だということについては、もはや信頼できない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/10/54548/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ