アストンマーティン、日本および韓国のリージョナル・プレジデントにグレッグ アダムス氏を任命


人工知能と機械学習の人気オンライン講座

アストンマーティン・ラゴンダは、ラグジュアリー・オートモーティブ・セグメントのリーダーとして豊富な経験を備えたグレッグ アダムスを日本と韓国の新しいリージョナル・プレジデントに任命し、アジアにおける経営基盤を強化する。

アダムスは、北米とアジアの自動車産業に30年以上にわたって携わり、今回、アストンマーティンに加わる以前は、マセラティ・ジャパンで代表取締役社長を務めていた。彼のキャリアには、ダイムラー・クライスラー、三菱、日産、フォードでの役職が含まれ、フェラーリ・ジャパンの設立と運営を主導し、北米におけるフェラーリ・ブランドのマーケティング&ブランド・エクスペリエンス責任者を務めていた。2年前にマセラティ・ジャパンの社長として日本に戻る前には、国際的なEVスタートアップ企業で、電動化製品戦略の職務を担当していた。

今回、アジアにおけるアストンマーティンの戦略的成長計画の一環として、東京を拠点とし、日本と韓国を統括する専任のリージョナル・プレジデントが就任した。アストンマーティン・ブランドは、この地域における大きなビジネスチャンスと拡大する需要を最大限に活用することを目指している。

アストンマーティン最高経営責任者(CEO)のアメデオ フェリーサは、次のように述べている。
「グレッグは、弊社のグローバル・コマーシャル・チームおよび中華圏担当リージョナル・プレジデントのフレーダ・ワンと協力して、アストンマーティンにとって大きな成長の機会があるアジア地域での事業計画を加速する上で、重要な役割を果たすことができると確信しています」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/53462/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ