【言ってみるもんだね】ケーニグセグのCC850が、20台追加で増産されるって

人工知能と機械学習の人気オンライン講座

先週、自分への50歳の誕生日プレゼントとして、ケーニグセグCC850を発表したクリスチャン フォン ケーニグセグは、「我々のルーツと斬新な発想、そして他とは一線を画すタイムレスなデザインを融合させ、明らかに愛好家やファンの心をつかんだ」と語っている。

「私たちは謙虚に、そして感謝しており、期待を超えるために最大限の努力をします」

ケーニグセグは、当初予定していた1,363bhpの生まれ変わったハイパーカーを50台しか製造しないことを発表したばかりなのだ。だが、…そうなんだ。ケーニグセグを愛用している人たちや、初めてケーニグセグに触れる人たちから強い要望があったため、70台を生産することになったのである。CC850は、クリスチャンが最初の車を発売してから20年を記念して設計されたもので、20台の追加生産が正当化された。

ケーニグセグの声明によると、「私たちは、CC850を早くから契約していた何人かの長期顧客に、需要に応えるために限定的な増産を行うことについて意見を求めました。彼らの回答はポジティブなものでした」

マニュアル・ギアボックスを愛する大富豪の皆さんに朗報!今、あなたは限定車CC850を手に入れる2度目のチャンスを手に入れた。ギアボックスの仕組みの説明を読み始める前に、電話を取って小切手を書いておくことをお忘れなく。それは、気が遠くなるほど複雑で、まったくもって素晴らしいものなのだから。

=海外の反応=
「良かった。各曜日ごとに欲しかったところだったから」

「クール、残りの人々のために十分な数だ。ありがとう、クリスチャン!」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/53283/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ