新型ヒュンダイ アイオニック 6は610kmの航続距離が推しポイント


ヒュンダイは、全く新しいアイオニック 6の大きなバッテリーのバージョンが、一回の充電で379マイル/610km以上を走行することができると発表した。ちなみに、欧州のテスラのモデル 3 ロングレンジは374マイル/602kmだから、8kmほど長くなる。

その大きなバッテリーは、後輪駆動または全輪駆動のいずれかのバージョンで利用可能な77.4kWhのユニットだ。後者のオプションは、320bhp、605Nmのトルクと5.1秒で0-100km/hに到達する性能を生成するデュアルモーターのセットアップを展開する。前者は、おそらく最長の航続距離となるだろう。

より小型のバッテリー(53kWhのオプション)は、18インチホイール付きの後輪駆動という構成の場合、14kWh/100km以下の消費電力になると言われている。これは、英国に住む効率重視のファンにとっては、1kWhあたり4.4マイル/7.1kmに相当する。

抗力係数0.21を誇るアイオニック 6は、アイオニック 5、キア EV6、ジェネシス GV60などを支える同社のE-GMPアーキテクチャに搭載され、400Vと800Vの両方の充電に対応している。また、ビークル・トゥ・ロード機能により、6を他のものの充電に使用することもできるという。

アイオニック6のサイズは、テスラ モデル 3よりわずかに長いだけで、高さと幅はモデル 3と同じだ。ホイールベースは2.9m強で、レンジローバーとほぼ同じ長さである。

英国での仕様(および価格)はまだ確定していないが、新型6の機能には、車線集中クルーズコントロール(「ハイウェイ・ドライビング・アシスト2」と呼ばれる)、通常のクルーズコントロール、衝突回避、ハイビームおよび速度制限アシスト、ドライバー注意警告、そして後部座席の乗客に対する「安全出口警告」までが含まれる。かなりわかりやすいし、便利なものである。

「アイオニック 6は、ドライバーと乗客にユニークで独特な体験を提供し、あらゆる面で最適化され、電動モビリティを再定義します」と、現代自動車のCEOであるチャン ジェフン氏は述べている。

確かに特徴的だ。抜本的な新デザインの詳細報告は、こちらでお読みください。




=海外の反応=
「お、おう」
「アイオニック 6がとても滑りやすいのは知ってるけど、GV60より航続距離が伸びるのは信じがたいこと」
「だから、速くて、見た目がよくて(多くの人が同意しないのはわかっている)、優れた航続距離を持っている。勝者のように聞こえる。このような、「痒いところに手が届く」ようなEVは、なかなかない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/07/52265/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ