フェラーリ、50年ぶりにル マンで完全優勝を目指す新型ハイパーカーを発表(真っ暗すぎてよくわかんないけど)

フェラーリは、ル マン ハイパーカーの新型車について沈黙を続けているが、少なくとも我々は、上の非常に薄暗い写真を手に入れ、耐久レースのトップクラスへの待望の復帰に胸を躍らせている。夜間のレースがどのようなものか、これでおわかりいただけただろうか。

この薄暗い画像はフェラーリのInstagramで公開されたもので、意地悪そうなライトシグネチャーと足首を切るようなフロントスプリッターが写っている。もちろん、フェラーリがアウディ、ポルシェ、アキュラ、アルピーヌ、ランボルギーニのようなシェアシャシーのLMDhルートではなく、(プジョー、トヨタ、グリッケンハウスが行ったように)新しいDIY LMHルールでクルマを作ることを選んだことはすでに分かっている。

「フェラーリがレースに出るには、クルマ全体を作る必要があるからです。このカテゴリーに決めたのは、シャシー、エンジン、電力、ギアボックス…すべてを作ることができるからです」フェラーリのコンペティツィオーニGT部門の責任者であり、ハイパーカープロジェクトの大ボスであるアントネラ コレッタは、今年のレースを前にトップギアにこう語っている。

「ご存知のように、このカテゴリーにはLMDhも含まれますが、我々にとってはクルマのすべてを作ることが重要なのです。LMDh(ダラーラ、リジェ、マルチマティック、オレカが供給するシャシーにメーカーが独自のパワートレインを搭載できる)より複雑ですが、メーカーとしては自由な状況で競争する方がいいのです」

「ハイパーカーでは、フェラーリが非常に強いと確信しています。私たちの夢は勝つことだ。勝つことが目標でないのなら、サーキットにクルマを持ち込むのは愚かなことなのです」

ファイティングトーク。2023年にデビューする名称未定のハイパーカーは、フェラーリが耐久レースのトップクラスに参戦して以来、ちょうど50年ぶりの登場となる。また、フェラーリが新型296 GT3を発表するのと同じ年に登場することになり、大成功を収めた488 GT3の後継として、かなりたまった仕事が待っている。

イギリス人ドライバーのジェームス カラドは、その488でル マンのクラスを2度制している。そして彼はTGに、現在進行中の共同開発プログラムについて簡単に説明してくれた。「私たちはチームとして参加しているんだ。アントネラは、すべてのドライバーにその役割を担わせている。そして、数名には、さらに重責が担わされている。…名前は出せないけど」

「でも、ハイパーカーはシミュレーターで長い間開発してきたし、GT3も新しいプロジェクトだから、すごく忙しいんだ」

「僕がハイパーカーを運転する可能性もある…かもしれないね」


=海外の反応=
「ヘビーな加工をしすぎて、これ以上詳細がわからない」
↑「まあ当然、ライバルにどんなクルマになるのか、事前に知られたくないということなのだろう」
「このままだと、ルマンが中止になってしまいそう。奇妙なコンセプトばかりの24時間レース」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/50464/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ