モナコGPで、モナコ公国アルベール2世大公がマクラーレン アルトゥーラのステアリングを握る


新しいハイパフォーマンス・ハイブリッドスーパーカー、マクラーレン アルトゥーラが、先日開催されたモナコGPでダイナミックなデビューを飾った。オープニングラップでアルトゥーラをドライブし、観客を魅了したのは、なんと、モナコ公国アルベール2世大公だ。

今回のイベントでは、特徴的なマクラーレン オレンジを纏った、最新のアルトゥーラがアルベール2世大公のために用意された。大公はこれに乗り込むと、グランプリサーキットを走行し、次世代スーパーカーの加速力やパフォーマンスを披露し、観客を楽しませた。

「2022年モナコGPのオープニングに、アルベール2世大公にマクラーレン アルトゥーラのステアリングを握っていただき、とても光栄に思います。この名誉あるレースは、60年近くも前から、マクラーレンにとって特別な存在でした。まったく新しいハイパフォーマンス・ハイブリッドのアルトゥーラは、私たちのレースとロードカーの経験をすべて結集した次世代スーパーカーです。こうしてオーナーやファンの皆様にお披露目することができ、心躍る気持ちでいます」
マクラーレン・オートモーティブ、チーフ・マーケティング・オフィサー ガレス・ダンズモア

すべてがまったく新しいアルトゥーラは、マクラーレンの超軽量エンジニアリングに支えられている。マクラーレンならではの特徴をすべて備え、そこに画期的な電動パワートレインによるさらに素早いスロットル・レスポンスと、低い排出量、純粋なEVモードでの走行能力を上乗せした。また、新マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)を採用した最初のモデルでもある。そのおかげでクラス最高となる最低乾燥重量1,395kgと、DIN車両重量1,489kgを達成することができた。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/49970/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ