ブルーのホイールが素敵なVW ゴルフ R「20イヤーズ」は、市販ゴルフ史上最もパワフルなモデル

さきほどBMW M部門の50周年記念モデルの話しをしたばかりだが、今度はフォルクスワーゲンだ。でも、とりあえず青いホイールを見て! 青いホイールと青いウィングミラー! 私たちは普段、恥知らずな特別仕様車にそれほど興奮することはないが、新型フォルクスワーゲン ゴルフ Rの「20 イヤーズ(Years)」エディションの素晴らしいアクセサリーは、無視することはできない。

でも、もうこの辺でやめておこう。これを読んでいる人の中には、このアクセサリーを忌み嫌う人が少なからずいるはずだからだ。もしそうなら、心配しないでほしい。あなたのMk8 Rをラピスブルーにすれば、ブラックホイールとブラックミラーを手に入れることができるのだ。

また、これまでで最もパワフルなゴルフを手に入れることになる。ただし、標準の316bhpから328bhpにパワーアップしただけなので、この表現はやや誤解を招くかもしれない。また、VWは最高速度や0-100km/hのタイムに影響があるかどうかについては言及していない。それでも、鼻で笑うようなものではないだろう。

標準のゴルフ Rからの変更もいくつかある。リアウイング、「R-パフォーマンス トルク ベクタリング」、そして重要なドリフトモードが追加されている。また、「エモーションスタート」オプションも用意されており、これによって車を発進させるたびに回転数が上がり、音も大きくなる。

さらに、ステアリングホイールの後ろに長く大きなパドルが備わり(歓迎すべき追加機能)、VWはDSGボックスの特性を改良したと述べており、SportまたはSport+モードでのシフトアップは「スポーティなシフト操作の衝撃」を伴うようになった。VWはギアボックスをわざと悪くしたと認めているのだろうか?心配ご無用、私たちは大賛成。カーボンファイバー製の内装部品と「20 R」の水たまりに映るプロジェクションについては、それほど激推しってわけではないけどね。

それにしても、VWがゴルフ4 R32を発売してから、もう20年も経つんだ。月日の経つのは早いものだね。


=海外の反応=
「Mk7 GTIのDSGは、渋滞時にすでに「スポーティな変速の揺れ」があって…」
「またまたつまらないゴルフ🥱😴」
「この予算で208GTを購入することもできる。その方が100倍も特別で魂がこもっているように見える。さらに、お金を節約してM部門の50周年記念だって」
「アウディやメルセデスはRS3/A45Sを6万ポンド(950万円)で買うかもしれないけど、これらの車のフィット感と仕上げはとても良く、400馬力以上のパワーを提供しているからね。その点、これはどうなんだろう?」
「このバッジは、VWのマーケティング部門の製品であり、レース部門の製品ではないので、より正直なバッジをつけるとしたら、ゴルフ Mだろう。
でも、ブルーのホイールは素敵」
「本当に強力なゴルフは、主に3気筒エンジンを取るために設計されたボディに組み込まれ、多くの場合、あまりにも多くのパワーとなっている。全部一度に取り去ってしまいたいような、電子介入がウザそう。面白いのは、記事の中でわざわざ価格を明記していないことだ。プライス・オン・アプリケーションの製品だからね。笑)。実際に目にすることは少なそう」
↑「500馬力のゴルフ R MK7を持ってる人を知ってるけど、シャシーはそれ以上のものを扱えるよ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49551/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ