【格調高すぎ】K18 ケースの世界最⾼精度光発電エコ・ドライブ 50本限定モデルの「ザ・シチズン」

格調、高すぎーー!シチズンは、高品質ウオッチ『The CITIZEN(ザ・シチズン)』から、K18イエローゴールドのケースに世界最高精度「年差±1秒」のエコ・ドライブムーブメント「Caliber 0100(以下Cal.0100)」を搭載した限定モデルを、6月23日に発売する。価格は2,200,000円、限定数量50本、特定店限定モデルとなる。

本限定モデルは、美しく磨かれたK18イエローゴールドのケースに年差±1秒のエコ・ドライブムーブメントCal.0100を搭載。Cal.0100は、電波塔や人工衛星からの時刻情報に頼ることなく、自律した時計内部の機構だけで、年差±1秒という世界最高精度で時を刻み続ける。正面から見たときにぴたりと切分に重なる秒針や高精度を司る「クリスタル(=結晶)」をデザインモチーフとしたケースのラグなど、細部に年差±1秒という卓越した精度を感じさせる。

ダイヤルには、日本伝統工芸の「土佐清帳紙」を用いている。文字板に光を透過させながら美しい色味と風合いを実現できる和紙文字板は、2017年に『ザ・シチズン』で初採用して以来、エコ・ドライブに多彩な表現をもたらしてきた。中でも「土佐清帳紙」は原材料の楮(こうぞ)から生産し、人の手で紡ぎ、漉き、太陽と清流に晒されて生まれる、薄さと丈夫さを兼ね備えた手漉き和紙である。自然素材から手作業で作り出され、簀の目(すのめ)とよばれる独特の模様が見せる濃淡や繊維が絡み作り出す和紙の質感や風合いは一点ものの味わいを感じさせる。

ストラップには黒の竹斑ワニ革バンドをあわせている。さらに、シースルーバックの裏ぶたから眺めるCal.0100ムーブメントには黒ルテニウムめっきを施しており、イエローゴールドとブラックのコントラストが全体を引き締めている。K18イエローゴールドのりゅうずには、「常に先を見据え、理想を追求する」「身に着ける方に永く寄り添う」という『ザ・シチズン』の2つの意思を表す証である「イーグルマーク」を彫刻している。
K18ケースに正確な1秒を刻むムーブメントを合わせた、普遍的な価値もつ時計として格調高く、端正な一本に仕上がっている。やっぱ、人間、こういう時計を見に付けて、格調高く生きたいものよのぉ…。

https://citizen.jp/the-citizen/special/index.html

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49541/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

トレンド

アーカイブ