メルセデス・ベンツが、SLの超高級版マイバッハバージョンを開発中

メルセデスは、SLロードスターの超高級版マイバッハバージョンが製作中であることを明らかにし、上のような怪しげな画像を、デザインチーフのゴードン ワグナーがInstagramで公開した。

「コンセプト メルセデス マイバッハSLをチラ見せします - 我が社の最も高級なブランドの将来の機会についての詳細を明らかにするのです」とワグネルは彼の投稿で述べている。ベントレー コンチネンタル GTCやアストンマーティン DB11 ヴォランテのライバルが登場する前に、まずはロゴを大きく変えたコンセプトカーを手に入れることになりそうだ。

新型SLが発表されたとき、メルセデスはAMGの開発によってスポーツカーのルーツに戻ったのだと喧伝したことを考えると、これは興味深い方向転換と言えるだろう。レザーとウッドを大量に追加しても、SLのパフォーマンス向上には役立たないかもしれないけれど。

どうです、インターネットのみなさん?

=海外の反応=
「これにはV12ツインターボ・エンジンが必要だ!」
↑「彼らはそう遠くない過去に、SL73の商標を(再び)退位させた。でも7.3L、少なくとも6.0Lはいくつかのハイブリッド化と一緒にに戻ってくるかもしれない」
「あの悪趣味なマイバッハの扱いをSクラスクーペに適用しなかった時点で、チャンスを逃したということだ。だから、このSLマイバッハが成長してロングテールのスーパーヨットにでもならない限り、センスのなさの無意味なエクササイズになりそう。そして、通常のSL43をひたすら売りまくるっていう…」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49507/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

トレンド

アーカイブ