マクラーレンがメタバース戦略のMSO LAB創設、とくにオーナーは恩恵が大きそう

マクラーレン・オートモーティブは、マクラーレンによるMSO LABの創設を発表した。MSO LABは、マクラーレンのメタバース戦略の次章となる、エクスクルーシブな新デジタルコミュニティだ。これは、マクラーレンオーナーにとって、有利なサービスとなりそうだ。

マクラーレンは、エンジニアリングとデザインの限界を押し広げるため、飽くなき追求を続けている。社内ビスポーク部門のマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)は、可能性の限界を押し広げ、ユーザーのマクラーレンに命を吹き込むデザイナーやエンジニアのアトリエである。

MSO LABは、これをWeb3のデジタルスペースに持ち込み、コミュニティを作り出す。そして、物理や熱力学の制約を受けずに、パフォーマンスや可能性、デザインの限界をさらに押し広げることを可能にする。

マクラーレンのオーナーは、MSO LABのメンバーシップに優先的に登録でき、コミュニティの一員になることで、ユニークなユーティリティや特典に特別にアクセスできる。

MSO LABコミュニティのメンバーシップによって、マクラーレン・オートモーティブやMSOのチームと交流できるメンバー限定チャンネルにアクセスする扉が開かれるほか、今後のNFTリリースの早期情報や購入機会が保証される。また限定特典もあり、MSO LABコミュニティのすべての初期メンバーに、マクラーレンのデジタルチームによる未公開のデジタルスケッチ、舞台裏を明かすマクラーレン・テクノロジー・センターのバーチャルツアー、マクラーレン・オートモーティブのイベントに出席する機会が用意されている。

マクラーレンとMSO LABコミュニティとの交流が継続するにつれて、ユーティリティは進化していくだろう。マクラーレンはメンバーと共にWeb3時代の可能性を探り、アクセス、オーナーシップ、体験の限界を押し広げる革新的な新しい手法を活用していく。

まもなくリリースされるMSO LABの最初のNFTである「ジェネシス・コレクション」は、マクラーレンの歴史の中でも特に語り継がれている名車のひとつを取り上げた、招待者のみを対象とする超限定のランダムセットの発表が予定されている。

マクラーレンNFTはすべて、マクラーレンのマーケットプレイスで入手できるようになる。このマーケットプレイスは、先日提携が発表されたマクラーレン・オートモーティブのメタバース・パートナー、InfiniteWorldがサポートを行う。

「ついにMSO LABのデジタル・コミュニティを発表できることを大変嬉しく思います。MSO LABは、オーナーやファンの皆様とWeb3の世界で交流する新しい方法として生まれました。マクラーレン・スペシャル・オペレーションズは、マクラーレン・オートモーティブの社内ビスポーク部門ですから、MSO LABは、メタバースでコラボレーションする場、物理的な制約を受けずに可能性とデザインの限界を押し広げる拠点として、まさにうってつけといえます」

「まもなく、MSO LABの最初のNFTとなる『ジェネシス・コレクション』が発表されます。私たちの歴史で特に語り継がれてきた名車のひとつを取り上げた、招待者のみの超限定ランダムセットです」

マクラーレン・オートモーティブ・チーフ・マーケティング・オフィサー、ギャレス・ダンズモア

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/48582/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ