‘新型’TVR グリフィスは2024年に間違いなく電動化されて登場するって…たぶんね

復活したTVRの不思議なケースが、さらに不思議なことになった。現在の所有者に買収されてから9年、新型グリフィスを世に出してから5年が経過しようとしているが、まだ1台も顧客に納車されていないのである。しかし、それでも電気自動車レースシリーズであるフォーミュラEとのスポンサーシップ契約を発表することに変わりはない。

少し話を戻そう。トップギアは、2018年にプロトタイプを間近で見る前から、TVRグリフィスを辛抱強く待ち続けてきた。コスワースチューンの5.0リッターV8、500bhp、最高速322km/h、ゴードン・マレーのiStreamシャシーの使用など、多くのことが約束されていた。これはイケそう。しかも、最初のデリバリーは2019年初頭に予定されていたのだ。

その後、2020年となった。その後、エブブ ベールの工場に遅れが出ているという報告が出始めた。TVRが転居したかどうかは、まだ明らかではない。ブレグジットとパンデミックは何の助けにもならない。しかも、ウェールズ政府はこの会社に3パーセントの株を持ち、ゲームに参加している。何とも奇妙な話だ。

現在、TVRは今週末のモナコE-Prixと、7月のロンドンE-Prixのダブルヘッダーで公式スポンサーになることを決定した。

「ABB FIAフォーミュラE世界選手権とのコラボレーション、そしてモナコとロンドンでのE-Prixの会場での活動は、TVRブランドの変革のみならず、EV、そして持続可能なネット・ゼロ・ビジネスへの当社の取り組みを示しています」と、TVR会長のレス エドガーは述べている。「TVRのEVを市場に投入する計画は順調に進んでおり、最初の2モデルは、2024年の最新グリフィスとグリフィスEV限定モデルの発売直後にリリースされる予定です」と付け加えた。

ということは、電気自動車のグリフィスと、あと2台のEVが登場するようだね?まだカムバックカーを発売していない会社から出た発表としては、野心的なものだ。

同社は昨年、リチウム生産会社エンソルシアと、将来的に電気自動車TVRを製造することを視野に入れた契約を締結している。

「パフォーマンス・スポーツカーの象徴的なメーカーであるTVRがクロスオーバーして電動化に取り組むことは、重要なマイルストーンであり、電動化の未来というフォーミュラEのビジョンに沿ったものです」と、フォーミュラEのチーフ・コマーシャル・オフィサー、マット・シャメルは述べた。「TVRは愛されるブランドであり、モナコとロンドンで彼らとともに電動化の計画を紹介することを楽しみにしています」

あなたは、TVRがこのEV改革を成功させる可能性をどのように評価してる?


=海外の反応=
「実際にこの目で見てから信じよう」
↑「うん、100%同意…。とりあえず、次のプレスリリースを待つわ」
↑「そうだよね…。タイトルにあるように「多分」と「絶対」は違うもんなあ」
「ステロイドを打たれたスープラ」
「EVでブランドを潰す前に、約束したクラシックV8TVRを実現したらどうだろう、うーん?」
「どーでもいいけど、いつになったら全部の車が納車されるんだ?」
↑「テスラみたいなもんか」
「フロントとインテリアを新しくする必要がある。最初に披露した時はどちらも古臭かったが、今ははっきり言って化石に見える」
「フロントは250馬力の2.5L V4、リアはe-vehicleに提案されている半分のパワーを持つ2つの電気モーターで駆動するPHEVであれば、もっと成功するのではないだろうか?おっと、これでは自殺願望の強い従来のTVRの顧客は喜ばないかもしれないね」
↑「トヨタの大型V6サルーンよりかろうじてパワーがある4気筒ハイブリッドTVR?えーっ!それならプリウスを買ったほうがマシじゃね?」
「このままではマレーのデザインがもったいない…」

ピックアップ

アーカイブ